1. 無料アクセス解析
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.10.12/Mon  02:02:22

 
シルバーストンですよ。 
 

第2回アイマス最胸決定戦のコースが決定。

シルバーストンとキングコブラ。

で、シルバーストンのほうが逆走スタートの7LAP。

キングコブラはないものとして(w、早速、シルバーストンにあわせて、走りこみつつ、
セッティングを出した。
254
まずは大会規定どおりPI値800の状態で、鈴鹿でセッティングを出しておいた雪歩M3-GTR

走ってみると、少なくとも(タイムは置いておいて)自分好みには仕上がっているので、
ここでも物凄く気分よくスイスイ走れる。なので、もうこのクルマはいじらないことにしたw

シルバーストンでいちばん不安定になるコーナーは、8~10。

ヴェイルの直線から、一気にスピードを落として直角に曲がる左コーナーが8。ここの飛び込みで、
突っ込みすぎると、タイム伸びない。

で、左から右にぐるっと回っていく9コーナー(クラブコーナー)。ここはマシンでラインが変わるかな?
ここでCPをきっちりとれないと、10コーナーをキレイに抜けて直線に向かえない。

この区間がいちばんフラフラするので、ここであまりに不安定なら、個人的にはダメなセッティング。

なんだけど、雪歩M3-GTRは全然許容範囲なので、合格ですw

といっても、雪歩(80)で参戦すると決定したわけではないです。

ここでもう一台、候補として、絵理(82)の登場ですよ。
255
クルマはアウディTT。876のロゴが大きく描かれて、ベースデザインになってます。
ドイツのチューナー、PPI Automotive Designのロゴも感じが出てますね。
その下に、絵理がよく利用してる(?)とはいえ、DLsite.comのロゴがあるのが、とてもシュールw
リンク先に飛べば分かりますが、当然、この二つに全く、接点はナイですw

258
配色的には、白、青、赤のトリコロール。タイヤがミシュランだからかな。全体の色合いのバランスが、
絵理の髪、その他のロゴの色合いとうまく合っていて、とてもバランスがとれてると思います。

クルマ的には、単純に言えばAWDなんで、乗りやすいクルマ。で、大会規定にあわせると、
絵理は82なので、PI値820で仕上げなければならない。

基本的にバランスをとる感じで駆動系、ブレーキはレース、軽量化、エンジン系はスポーツで
アップグレードしていって、ターボ装着。タイヤはスポーツ系で。これでエンジンパワー320kw、
トルク556N-m、重量1307kg。

257
そんでセッティングをちょこちょこ直しながら一時間くらい走って、PI値850のZか何かで出してた
自分の持ちタイムをちょこっと上回って、Aクラスのホットラップランキングに、このPI値820で出した
絵理TTのタイムが記録されるw ってことは、デキとしては悪くないかな。

後は逆走で走っておかないとなー。

キングコブラは……あそこはレーストラックじゃなくて、テストコースだと思ってるし、あんまり
走る気にならないんだよなぁ。GT3に入ってたコンプレックスストリングだっけ。あんな感じ。
だから走っててもリズムよく走れないんだよね、個人的に。一周短ければいいけど、長いし、
今から覚えるのはちょっとツラいw コースアウトしないようには走れるようにしておきたいけど、
低速コーナー多いから、雪歩M3-GTRだとキツいかな。

というわけで、今回は……

雪歩M3-GTR(PI値800)か、絵理TT(PI値820)か、響ガヤルド(PI値855)か。

この三台のうち、どれかで行こうかと思います。


……えっ?


春香さんはどうするのかって?


誰か選ぶでしょうw 主役なんだし、一応


でも……用意しておくかなぁ。ただ830に収まるクルマがな。前回と同じクルマじゃ、ね……。
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2009.10.13/Tue  02:22:22

 
おぃぃぃぃぃぃっ! 
 

さて、第二回最胸決定戦の参加キャラが出揃ってきたわけですが。

また春香さんのこと誰も選んでねーよww

参加キャラは、現在のところ、あずささん(*2)、千早やよい雪歩美希小鳥さん

何故オマエらは春香さんの担当Dになりたがりませんか?

……ま、自分的には、候補だった雪歩の担当Dが現れたので、絵理の担当Dになろうかなぁって
ことなんですが……。

でもいいのか?

最後だよ、最後

そこに春香さんがいないってのは、画竜点睛を欠くってやつだろう。

ってことでですね。前回の最胸決定戦で使用したR34で出ても仕方ないので、引っ張り出して
来ましたよ。春香スープラを。
259
このクルマ、リアウィングだけはForzaウィングなんだけど、後は全てチューナーパーツ。

なので、フロントのダウンフォース調整は不可。

ややハンドリング気味にアップグレードして、ちょこちょこセッティングしながら走ってみるけど……

春香さん83なので、PI値830なんですが、絵理TTPI値820)よりも1秒遅い

しかもちょっと不安定。

でもこれ以上はバランス的にいじれないしなぁ。
260
しかし行くとしたらこのスープラでいくしかないんだよなぁ。

ってか左サイドに、思いっきり春香さんのパンツが描かれてるからね、このクルマ。

怒られますw

TB: 0  |  COM: 6
go page top

 

2009.10.15/Thu  04:02:22

 
春香さんで行きますよ、ええ。 
 

なんかそういう雰囲気になっちゃったので、春香スープラRZで行くよ、もうw

そうハラを括って、さらにアップグレードとかセッティングとかを煮詰めつつ、
シルバーストンの逆走も走ってみたりしましたが――
261
パイロンにどんがらがっしゃーんですよww

シルバーストンって空港の跡地に作られたサーキットで、すっごくフラットなんだけど、
このインフィールドセクションあたりは、本当に真っ平で、見えないw

こりゃあタイヘンかもしれないw

で、フラット真っ平といえば千早(72)ですが、今回はYさんが当日の都合がつかなくて、不参戦。
それが個人的にかなり残念。

Yさん千早がどこまで逃げるのかってのが、このシリーズの一つの醍醐味だったからなー。

でも、代わりといっては何ですが、あずささん二人いるので――

迫り来る巨乳デュオにどう挑んでいくか。

タダではいかせん、と。

そういう感じで、(いつも選ばなくても)、グランドヒロイン、そしてど真ん中ヒロインである、
春香さんの意地をね、見せられたら、と思います。

え? どんがら? ABSオフにしたばっかりですよ、ABSオフっ♪


あ、あとレース当日に春香さんパンツ見た人は、自主的に地獄の底のサンドトラップにはまって
悔い改めるようにw

TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

2009.10.17/Sat  07:22:22

 
おかしいですよ、XXさん! 
 

いよいよ今日の22:00から第二回アイマス最胸決定戦が行われるわけですが。

ま、コースがシルバーストンと、もう一つ、当初はキングコブラだったんですが、
色々、諸々なことがあって、キングコブラはナシ。代わりに、PI840以下の担当Dで、
好きに決めていいですよということがあったわけです。

そんで、それは決定しました。

本当は、DLCのコースの、ロードアメリカにしようってことで決まりかけてたんですが、
参加者の中に、DLCのコース持ってないという方がいらっしゃったので、急遽、決めなおし。

それで今日の1:00だよ、決まったのw

不肖ながら自分がまとめ役だったので、色々、気を揉んだりもしたんですが、全員、
納得づくだと思うので、よかったと思うし、ここまでは、まぁいい。

そんでコースも決まったから、セッティングなり走り込み(込みってほどは走れないけど、
出るクルマで走っておかないと危ないからねw)しようと思って、その前に、ちょっと、色々と
確認したら、タイトルの通りの叫びですよ。

がっくりきたー。

263
がっくりきつつも、PI830で、パワー方向に振ったうそカーボン仕様スープラで、シルバーストンは
走れるのか、ということを試したり……

262
完全にシルバーストン用のセッティングが済んでる春香スープラで逆走したりしてましたが……

やっぱおかしいわ。ありえん。


……でも、俺の勘違いかもしれないし、ま、いいかw

TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

2009.10.18/Sun  06:22:22

というわけで、10月17日、22:00から開催されました。

第2回アイドルマスター最胸の乳決定戦

参加者は今回は7名。1名は回線の不調(?)で急遽不参加に。残念。

■エントリーリスト
 ・あずささん(91):ルノー5ターボ(PI値860)…Sさん
 ・あずささん(91):カウンタック(PI値860) …wさん(初)
 ・律子?(85):S2000(PI値850)…sさん(初)
 ・小鳥さん(85):インプレッサ(PI値850)…mさん
 ・美希(84):360CS(PI値840)…lさん
 ・春香(83):スープラ(PI値830)…自分
 ・雪歩(80):カウンタック(PI値800)…kさん

参加キャラとクルマ、そして担当Dは以上。(初)は、初参加の方です。

今回、自分にとっては、あまり乗り慣れてないFRレイアウトのクルマ、そしてABSオフでの初めての
レース参加
ということで、結構、緊張してましたが、それを無難にこなすというのが、テーマでした。

で。前回参加のSさん、再びあずささん(91)で、クルマはルノー5ダーボです。

また今回もサーキットによっては、前回の筑波のように、何度コースアウトしようが、ぶっちぎりの無双
なる予感w

今回の第一戦は、シルバーストン。

さて、どうなるんでしょうねー。

■第1戦 シルバーストン ダイジェスト

ルールは逆走特殊ルール。

なので、スタートはPI値順に並んだ状態からの一斉ターン。

つまり実質、春香さん(83)はフロントロウ、2番手スタート。

264
スタートと同時に、ぐるっと回って向きを変えて、慎重にアクセルオン!

隣りの雪歩(80)、後ろの美希(84)とも接触することなく、上手く抜け出し、トップに立つ。

まずは上々の滑り出し。前回までのAWDではなくFRなので、実はかなりスタート不安だったんですが、
非常に上手くいった。

すぐ後ろには、同じく上手くスタートを決めた美希(84)がつけてくる。

265
インフィールド区間はかなりくっついたりしたけど、ブリッジ下でアウト側いっぱいまで使って
曲がれたおかげで、アビーまでで結構、引き離せる。

これで逆走周は独走状態。

…にしても、美希(84)車はフェラーリ360CS。そう、チャレンジストラダーレ

うやらましぃぃぃぃぃぃぃ!!!

ヨーロッパ版の特典車両で、普通にはちょっと手に入れられない車両なんだよなぁ。

とか思いつつ、無難に逆走周をこなし、トップのまま、ピット入り口へ。

ここでピットインして、順走開始になるわけですが――
266
春香さんが、鼻歌交じりに、正式なピットロード入り口までいって、スピンターンしているその頃――

267
美希、そして後続のあずささん(Sさん)までが、その遥か手前、ピットウォール途切れてる箇所あたりから、
サンドトラップ突っ切ってピットインしてたのでしたw

クソっ、俺もやればよかった……

じゃなくて……

でも、いいんです。

春香さんは正統派アイドルですから。どんがらでどじっ子ですから。

ど真ん中アイドルとして、白く。白くいきますから。今回は。最後だし。

必死にそう言い聞かせつつ、ピットイン。

この時点で3位になったり、2位になったり。

とにかく、あずささん(Sさん)と重なったり離れたりして、結局ぴったりくっついたまま、ピットアウト。

268
すごく近かったので、本コースに戻って、ぶつかったらアレだなと思い、こっちは長めにピットロードを
使って、本コースに戻ることにする。

で、戻った時点で、2位。

しかし前を追う余裕などなく、やはりPI上位、そして究極のコーナリングウェポンである、後ろの
あずささんルノー5ターボとのバトルに突入。

コーナーは高速だろうが低速だろうがどこでもあずささん(Sさん)に間を詰められますが、ハンガーストレート
で引き離し、中速の右コーナーを抜け、ヴェイルの直線、そして一気に車速を落として8コーナーへの
突っ込み。

269
ここでインを刺される。ってーかあずささん(Sさん)インカット気味で突っ込み、前に出る。

しかし、続く9コーナー(クラブコーナー)は右。イン/アウトが入れ替わるので、この位置をキープ
していれば抜かれない。

270
目論見どおり、クラブコーナーのCPをかすめて、前に出る。

271
が、あずささん(Sさん)、またインカット気味にクラブコーナーを抜けた上に、こっちのリアに当ててくる
もちろんフラつくが、しかし春香さん、カウンターを当てて堪える(春香さんのフロントタイヤの向きに注目)。

おいおいおいおいおい。こっちはFRなんだって。ただでさえ不安定になるこの区間で、リアに当てて
くるってなんだよー。

そう思ったのもつかの間――
272
今度は10コーナーで、またインカット気味に曲がりつつ、強引に隙間にこじ入れてきて――

273
その上、リアを押してくるあずささん(Sさん)。これでまたカウンターをあてるハメにまたも春香さんの
フロントタイヤの向きに注目
)。

あずささん。大人げないっすよw

巨乳(PI値上)の上に、そんなコーナリングウェポンみたいなのに乗ってやることですか、それがw

274
さすがにちょっとカチンときたので、続くアビーまでの直線で、並んでくるあずささん(Sさん)をえげつなく
ブロック。後ろに追いやる。

は? 白くいく? 存ぜぬな。

つかやられっぱなしじゃ、どうしようもないし、そんなにクリーンにこだわっても、つまんないからね。

やっぱ乳が弾けないと。ね?w

……とは言っても、抵抗もここまで。

その後、インフィールド区間でも、イヤらしいところにクルマを置いて相手のスペースを潰して、
あずささん(Sさん)をブロックはしてみたものの――
275
最終コーナーで、ついに前にいかれてしまう。

といっても、第1コーナーまでの直線で、横に並び、1コーナーでの飛び込みで、勝負。

276
かと思ったんですが、自重して早めにブレーキングして引く。

そのほうがいいような気がしたんだよね。なんとなく。

で、その後は、もう単独走行ですよ。

順位の表示を見ていると、5LAP目、ついにトップの美希あずささん(Sさん)に抜かれてしまい――

後は離れる一方。

そりゃあ2位以下のベストラップと5秒だか違ったしね。

あんまりアレな気分になったので、最終ラップ、最終コーナー付近から、サイド引いたり、蛇行したりして、
遊ぶ。
277
ま、サービスですよ、サービスw 観客の声援に応えてたんですよ。

そのうちにくるんと回ってしまい、ちんたらやっていると――
278
ゴール直前で小鳥さんに抜かれて、結果、4位となりましたw

なにをやってんだかw

でも、ABSオフでも、ブレーキをロックさせるようなことは一度もなかったし、FRレイアウトで
ケツ押されてもカウンター当てれてスピンもしなかったのは、褒めていいと思うんだ。うん。

……というわけで、第2戦ニュルブルクリンクに続きます。

TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

2009.10.19/Mon  02:22:22

シルバーストンから引き続き、舞台をニュルブルクリンクに移しての決戦。

参加者は今回は7名のまま、変わらず。

■エントリーリスト
 ・あずささん(91):ルノー5ターボ(PI値860)…Sさん
 ・あずささん(91):カウンタック(PI値860) …wさん(初)
 ・律子?(85):S2000(PI値850)…sさん(初)
 ・小鳥さん(85):インプレッサ(PI値850)…mさん
 ・美希(84):360CS(PI値840)…lさん
 ・春香(83):スープラ(PI値830)…自分
 ・雪歩(80):カウンタック(PI値800)…kさん

参加キャラとクルマ、そして担当Dは以上。(初)は、初参加の方。

さて、ニュルです。

第2戦のコースについては、低PI値組(美希~参加予定だったやよい)で決定し、当日の直前まで
他の参加者にはヒミツということになってました。

それぞれ四人に候補出してもらい、最終的にはニュルということに決定。

なぜニュルか。

ぶっちゃけ、あずささん(Sさん)のルノー5ターボのぶっちぎりを阻止するためです。

……というか、当初はロードアメリカに決まりかけていたんですが、DLCコースなので、
参加者全員に、DLCコースの所持確認をしてもらったところ、Sさんが持ってない、
ということで、ニュルに決定になったわけです。

でもルノー5ターボ自体DLCカーだし、コースだけ買わないってのも、ちょっと違和感が。
そう思って、コース別ホットラップを見たら……

一昨日の記事の有様になったワケですけどね、つまり。

ま、それは置いておいて……

■第2戦 ニュルブクリンク ダイジェスト

レースは3LAP、PI値低い順のローリングスタートで開始。

279
雪歩カウンタックの後、2番手について、100キロ前後でピットウォール手前の右コーナーまで、
徐行。

その右コーナーから全開で立ち上がり、ピット出口の左コーナー抜けた後から追い越し可。

実は結構、ローリングスタートのタイミングを外すんですが、今回はワリと上手くいきました。
全開から最初のコーナーを抜けて、すぐに雪歩の後ろにつけることに成功。

280
ハッツェンバッハで、もうインを窺うところまで接近。

にしても雪歩担当Dのkさん、相変わらずForzaウィングつけないですな。自分の春香スープラも、
フロントはチューナーのエアロパーツだけど、やっぱ厳しいと思うなぁ。

接近しつつ、適度に距離を開けたまま、コーナーをクリアしていくと――
282
ホーホアイヒェン手前で、雪歩、バランスを崩してスピンアウト。

これで1位。

さて、こっからは真後ろに迫りつつある美希から全力で逃げるだけ。

ホーホアイヒェンからの高速区間で、距離表示を確認しながら走ると、どうやら直線はほぼ同じ。
若干、美希のほうが速いくらい。

つかず離れずといった感じで、スウェーデン十字路から、アーレムベルグへのブレーキング。
283
どうっすか、このまっすぐなブレーキ痕。

ABSオフにした理由の一つは、この、つーっと途切れなく路面引かれる、ブレーキ痕がカッコいいと
思ってたからだったりもしますw ABSオンだと、点線になっちゃうからね。前から、オフで走ってる
人の後ろで眺めてるたびに、いつかはやりたいと思ってたんすよねw

ま、美希には詰められてるんですけどねw

でも、抜かれるまでには到らないので、引き続き、必死に逃げる。

差は広がりも縮まりもせず、エクスミューレを抜けて、高速の森の中に。

クロスタータルで、ややミス。

ここで美希との差が一気に詰まってくる。

13Km地点の高速左を抜けて、この高速区間の終わりを告げる、タイトで長い右コーナー入り口の
傍らに立つ、シュタイルシュトレッケの看板が見えてくる。

ここで美希は飛び込んでくるだろうか。

そう思って後ろを見たが、そのときにはもう、手遅れ。オーバースピード

必死にブレーキを、それでもロックはさせないように踏む。

曲がってぇぇぇぇ!

とか絶叫してるその一方――
284
美希も、こっちのブレーキのタイミングに釣られたのか、ミスして、イン側に乗り上げる。

そしてブレーキ痕を引きながら、必死に曲がっていこうとしている春香さんは――

285
タイヤバリアにどんがらがっしゃーん!

幸いにしてクルマが大きく凹むほどの大クラッシュではなかったけど――
286
インに乗り上げて姿勢を乱した美希に、尻をえぐられるw

これで2位。

これは相手がミスらないと1位は難しいかなぁ。

そう思いつつ、バックギアに入れてコースに戻ったところで――
287
小鳥さんにも抜かれて、これで3位。

すぐに小鳥さんの後を追う。

カルッセルを抜けて、ホーエアハトまでの数コーナーで、接近。

小鳥さん、かなり安全運転。

ヴィッパーマンの手前から、相当ブレーキを踏んで曲がっている様子。あっという間に距離が
縮まり、そしてヴィッパーマンを抜けたところで――
288
ブレーキを踏んだんだけど、脱出速度があまりに違っていて、カマを掘ってしまう。

289
で、姿勢を乱した小鳥さんを抜いて、2位。

小鳥さんには悪いですが、このスピード差なので、ここは待たずに行きますw

……っていう感じで、後は最後まで単走。

結局2位でした。

ミスならければ、かなり長い間、接戦を楽しめたかもしれなかったのに、それが悔やまれますw

で、今回の総括ですが。

次、やるときはもうちょっと色々と考えた方がいいかもって思いましたね。主催者ではなく、
どっちかってーと参加者がね。

Forza3では色々とルールが細かく設定できるようなので、でもその辺はなんとかなるのかな。

で、新しく参加したお二人とは、結局、コース上ではスレ違うことすらなかったので、
それがちょっと残念だったかな。

ま、春香さんてきには、白いところも黒いところもどんがらもしでかしておいたので、らしいところは
見せれたでしょう!w


以上、そういう感じでした。


TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。