1. 無料アクセス解析
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2011.01.05/Wed  04:22:22

今月15日に開催予定のアイマスvsドリクラ最胸決定戦。

なにやらドリクラ側は貪欲に勝利を狙ってきているそうなので、アイマス側も負けるわけにはいかん。
ということで、練習走行会が行われました。

で、自分は貴音(90)インシグニアで久々のマルチ走って感じだったんですが――

(今回から画像クリックで全て実寸のサイズで見れるようになってます)
980
伊織(77)に突っ込んじゃったり、愛(78)を弾き飛ばしたりと、少々、やらかしました。

面目ない。

ちなみに走ったコースは本戦が行われる、カタールニャのインターナショナルと、ロードアメリカを2戦ずつ。

カタルーニャのほうは、部屋分けを行うためのタイム申請用のコースでもあったわけですが、申請タイムどおり、
どうやら15秒フラット前後でいけそうな感じ。

抜きどころもあるにはあるんだけど、コーナー性能で抜くのはつらそう。
やっぱりある程度の直線スピードもないと、多分、レースでは苦戦する。

ちなみにタイムだけを考えるなら、とにかく軽い車が有利な感じ。

インシグニアはもちろん軽量化(レース)してるんだけど、1.5tくらいまでなんだよねー。
スピードはまぁ、許容範囲なんだけど、許容範囲って感じで、ズバ抜けても無い。
で、カムをレースのにしてるせいか、低速域がちょっとスカスカな感じがするんだけど、
スポーツに落として組替えてみても、なんかダメでねー。

「ここだ」ってところでバランスがどうも取れないんだよね、このクルマ。

ま、タイヤをレースにしてforza羽つければ、もっとタイムは出るのかもしれない。

けど、個人的な縛りとして、レースタイヤ(スリック)はRクラス以上じゃないと履かないことにしてるし、
forza羽は他にエアロがなくて、かつ、カッコよくないとダメというのがあるので、それはやらないw

なにより「らしい」ってことで、大柄なクルマを選んだからなー。

981
で、ロードアメリカ。

スタートでトップに立って、あとは後ろを見ながら走ってみた。タイムは安定はしないけど、11秒台には
入れる感じ。

アプグレはカタルーニャと違って、タイヤをスポーツからストリートに落として、その分、ほんのちょいだけど
出力方向に振っている。

でもそれだけで0.5秒くらい違うからなー、ここ。F40で走りこんだ経験が活きた感じ。

軽量化をスポーツに落とすのはダメだった、ちなみに。


そんで、ネタ車として、メルセデスCL65 AMGも試してみたんですが――
982
(デザインは直前に切り張りしたので上面以外全部未完成)

いくらキチガイじみたトルクがあったところで、2t超えてるとさすがに無理w

DSコンビに遊ばれる始末だよw


ま、どうやらドリクラサイドはガッチガチな雰囲気なので、ネタ車はなくていいかな。うん。


スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.13/Thu  22:22:22

(画像は全てクリックでフルサイズで見れます)

明後日に開催なのに、最近はあんまり遊んでる時間がなくて、かなりピンチ。

たまについったーを見ると、ドリクラチームはガチで毎日練習してる模様。

アイマスチームはその気配はほぼなし。ま、俺を含めて、したくてもできないってのが実情かとは思うけど、
団結感がないよね、団結

つかチーム間の横の繋がりが多分、あんまないよねw この辺も仕方ないかも、とは思うけど。

ともあれ、コースも確定したし、昨晩はまとまった時間がとれたので、各コースをあらためて走りこみつつ、
セッテをさらにつめてみた。

で、日に日にドリクラ側のタイムは上がっているっぽいので、個人的にはPI足りてる限りはあまりやらない
エンジン換装(モナーロのを載せると遠心スーチャーも吸気換装できる)をしちゃおうかなーと思ったんだけど、
やっぱりやめることにした。

乗ってるのAWDだしねw

ってことで、がんばってセッテを詰めてみた。基本的なバランスはもうここだろって感じで出来てるので、
自分が違和感をおぼえたり、もうちょっと高速で抜けられないのかっていうコーナーを目安に、デフの
各バランスをちょこっといじったところ、若干、タイム短縮は出来た。

参考までに……

 ・カタルーニャ ナショナル :1分14秒463
 ・ロードアメリカ        :2分10秒813
 ・レイアウトFリバース     :49秒514

こんな感じ。もちろん、これはベストベストのタイムなので、実戦は+1秒くらいのペースになるとは思うけど、
多分、スタートで前の順位ならば、食い下がれるハズ。

貴音(90)インシグニアのワイドボディでドリクラ勢をジャマしつつ、同じアイマス勢にはスムーズに譲る。

ってのが、まぁ各自の持ちタイムでは下方になる自分の基本になるかと思う。

もちろん、レース展開次第で、逃げ切りを考えたりもするだろうけどもね。

でもねー。

問題はレイアウトF。

最低限のタイムは出てると思うし、ライン(つーかハンドルを切り始めるタイミング)の目印は、自分なりに
見つけて、覚えはした。

けど、危ないw
983
こんな感じで、アウト側からCPのギリを狙って一気に切れ込むコーナリングすることになると思うんだけど、
CPが点じゃなくてゾーンになってるところ、もしくは最終コーナーの脱出が、危ないw

練習中、なんども引っ掛けて宙を舞ったよw

で、色々とタイミングが合わなくて、ここでのレース未経験なんだよね、俺w

果たして本番でどうなることやらw


……にしても、真ッ平で、どうせずっと曲がってんだからってことで、結構、極端なセッテにしてみたんだけど、
支障なく走っちゃうもんなんだねー。

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.15/Sat  03:22:22

いよいよ明日(厳密には今日)に開催が迫ったドリマス最胸決定戦

今日は時間が取れたので、AI相手に実際のlap数でレースをしてみたんだけど……

ま、自分以外PI650付近のクルマに設定してやってみても、ロードアメリカはいい勝負になるけど、
他は全然練習にもならん。

というわけで、ついったーで声をかけて練習部屋を立ててみることに。

5人ほど集まってくれたので(いつもありがとう)、招待して始めようかなーと思ったら、おそらく
回線相性の問題なのか、どうしても片方がいるともう片方が入れない、という状態に。

いろいろ試行錯誤してみたけど、どうしてもダメ。仕方ないので、片方のほうには諦めてもらって、
あらためて部屋を立て直すことに。

この辺、本番ではだいじょぶなのかな? イザとなったら面子の入れ換えとかが出来るように、
特に各部屋のホストさんは対応を事前協議しておいたほうがいいかもしんない。

で、今回は本番と同じようにローリングスタートでやろうってことにしておいた。

これも細部が決まってないと、当日に混乱するところ。

フォーメーションラップ中の制限速度、車間距離、全開/オーバーテイクは最終コーナーからなのか、
それともスタートフィニッシュラインを超えてからなのか。

まだ公式に告知されていないと思うので、ここも早くハッキリさせておいたほうがいいかも。

今回はスタートフィニッシュラインを超えてから全開、追い抜き可ってことで3戦ともやってみました。

●Rd,1:カタルーニャ ナショナル(14LAP)

(画像は全てクリックでフルサイズで見れます)
984
ちょっとフォーメーションラップで混雑。

あんまり近すぎると危ないよねw 車間注意。

第1戦はPI値の逆順でスタートだったので、貴音(90)みお(91)の前、後方2番目からの追い上げ。

で、本番の第1部屋では、おそらく最後尾からスタートになるので、果たしてこのコースで、どれだけ
抜いていけるのかっていうのが課題といえば課題だったワケで――。

結論から言うと、容易じゃなかった。

985
でも、ノノノ(88?)最終コーナーから並んだまま直線走って、1コーナーの突っ込みで(ちょっと意図的に
オーバーラン気味にして)かわし切ったのとかは、久々に楽しかったかなw

986
魅杏(80)にはラスト3lapくらいで追いついたけど、締めるところをきっちり締められて、抜けずw
でもギリギリまで突っ込んだり接近したりするのは、やっぱ楽しかったなw

そんで、やっぱり直線、もしくは直線からの飛び込みでしか抜けないね、このコースは。ミスれば別だけど、
第1部屋はレベル高いしなぁ。


●Rd.2:ロードアメリカ(7LAP)

ここはロビーポイント逆順なので、中段くらいからのスタート。

みんなきっちりスピード重視にしてあって、直線区間でカタがつくことはほとんど無し。
987
遙華(80?)、魅杏(80)、貴音(90)のスリーワイドでブレーキング勝負! とか本番でもなるのかしらw

ともかく、直線のスピード差がないのなら、どこで勝負になってくるかっていうと、その前のコーナー。
そこをミスなく、もしくはレコードラインを通って抜けれるかどうかで、勝負は決まってくる感じ。
つまりアシストするにはそこがポイントってことかな、うん。


●Rd.3:レイアウトFリバース(15LAP)

で、問題のレイアウトFのリバースですよw

スタートでどーんとカマ掘っちゃったので、ちょっと混戦具合が味わえなかったけど、容易じゃないのは
分かったw

988
この三台が同じコーナーに向かってアプローチしてるってことで、ラインとか、もう自分で適宜修正して
イメージしていくしかないよねw 幅が思いっきり広いので、そういう意味で制限はないしね。

しかし15LAP中、3回くらい壁にあたってスピンしたので、問題はそれだな、やっぱりw


……ってことで、参加してくださった皆様、おつかれさまでした。


本番は各自、各部屋で、それぞれ見せ場を作ってくださいw

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.16/Sun  04:22:22

1月15日(土曜日)22時から開催されました、アイマスvsドリクラ最胸決定戦

今回はなんと3部屋同時開催となりました。

それぞれキャラかぶりなしで、それぞれの陣営に属する紳士が、思い入れのあるキャラのペイントが
施されたクルマを駆って、12vs12で競い合うのはまさに壮観。

運営、そして各部屋のホスト、それから参加者の皆様、ありがとうございました。

……ってことで。

今回は貴音(90)で参戦の自分は、第1部屋で走ることになりました。

部屋分けは、決勝でも使用される、カタルーニャのナショナルコースのタイムによって行われ、
速い順から1部屋、2部屋、3部屋となるわけです。

そう。つまり第一部屋こそは修羅の部屋。問答無用のガチ部屋なのですw

明らかに場違いな自分w

ですが、貴音(90)視点で、ダイジェスト風に、レースを振り返っていきたいと思います。

というわけで、1部屋の参加メンバーとクルマ、そしてランダムで決められたスターティンググリッドは、
以下の通りでーす。

■Rd.1カタールニャ ナショナル(14LAP)

  PP:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
 2nd:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
 3rd:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
 4th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
 5th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
 6th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
 7th:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
 8th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)

     ※青字ドリクラサイド赤字アイマスサイド

スタートは、第1コーナーまでホールドで、抜けてから全開、追い越し可、という方式。

●1LAP目(スタート前)
989
(スクショは全てクリックでフルサイズで見れまーす)

あすか(87)デロリアン
を先頭に、混乱もなく1コーナーへ。

自分はナオ(76)の後ろ、そして亜麻音ちん(83)の前。ドリクラサイドに挟まれたポジション。

スターティンググリッドはPI逆順だと思っていたので、実はちょっと困惑してたんだけど、それよりも
困惑なのは、亜麻音ちん(83)の前ってこと。

リアルにレースをしている人でもあり、もちろんforzaでも速い人なので、怖いのですw

ともあれ、混乱も何もなく、レーススタート!

よっしゃ、全開で攻めていくぜ!

……と思ったんですが、前のペースがいきなり上がらないので、ちょっとアクセルを踏むに踏めない感じ。

まぁ、スタート直後、差が詰まった状態なら当然そうなるワケで。

ナオ(76)の様子を注意深く伺いなら、ついていくと――

ヘアピンの突っ込み、こっちがブレーキングを開始しても、ナオ(76)はそのまま、突っ込んでいく。

え? 曲がれるのか?

と思っていると――
990
やっぱり突っ込みすぎた模様。

ナオ(76)律子(85)に接触してスピン。

自分はアウト側にあらかじめ振っておいたので、それに巻き込まれることなく、ナオ(76)をかわして、これで4位。

が、亜麻音ちん(83)ナオ(76)をかわして、ぴったりとつけてくるので、油断ならず。


●2lap~


さて、前は律子(85)魅杏(80)のツインテール(?)対決。
991
前日の練習で、魅杏(80)の後ろにつけて、最後までガチで押さえ込まれたので、抜くのは容易じゃないだろうなぁと
思いつつ、後ろにつけてプレッシャーをかけて抜き去るのがスタイルの律子(85)の機動を見守る。

が、例えばブレーキングポイントをズラして立ち上がりのラインを変えたり、ぴったり後ろにつけて煽ったり
されても、魅杏(80)は崩れずw

逆に律子(85)が仕掛けるために、ラインとかポイントをズラすので、その煽りを受けて、うしろにつけている
こっちもレコードラインを外したり、思わぬところでブレーキを踏むことになるので――
992
その都度、亜麻音ちん(83)にインを窺われたり、並びかけられたりすることに。

でも、構わないわけです。

自分の立ち位置ってのは重々、承知してるので、アイマス側のメンバーには、後顧の憂いなく、思う存分、
やっていただき、ドリクラ側のメンバーはきっちり抑える。

それが今回の眼目なのです。

眼目だったんだけど……


●6LAP目

魅杏(80)律子(85)が接近したまま、ヘアピン前の高速S字に突っ込んでいく。

その際、クラッシュまではいかなくても、かなり大きめな接触のSEがして――
993
それで慌てて操作をミスして、高速S字の出口で縁石の処理をあやまってコースアウト。

ま、実際は二台ともなんともなかったワケなんですが、ちょっとラグってたのかなー。

ともあれ、その間、亜麻音ちん(83)春香(83)に抜かれ――

994
ナオ(76)にも、コーナーで粘って、牽制を試みてはみるものの、抜かれてしまい、一気に7位に転落。


●7LAP目~

しかし、次の周回に入ってすぐの直線で――
995
再び、ナオ(76)を抜き返す。これで6位。

ま、直線はこっちのほうが速いからねw

で、前は春香(83)亜麻音ちん(83)

両者ともヒロインであり、同じバストサイズであり、万年リボンでもある、宿敵。

担当してるドライバーも折り紙つきの技量の持ち主なので、この二人のバトルを後ろから眺められるのは、
まさに眼福の極み。

996
春香(83)が一瞬、前に出たり――

997
でも先々までラインを管理してるように、亜麻音ちん(83)が取り返したり――

998
で、たまにはガチで火花散らしながら並んで競り合ったり――

まー、見てて面白かったですw 春香(83)の機動は本当に攻撃的なので、余計にそう思うのかも。


●10LAP目

……とか、二人のバトルを喜んで見ながらも、やっぱり時折、春香(83)と差が詰りすぎて、ブレーキングしたり
しなくちゃいけないので、後ろのナオ(76)も迫ってくるわけです。

それも気を付けていたんですが――
999
またしても高速S時のところで、ミス。

ナオ(76)とそれから千早(72)にも抜かれて、最下位に転落。

うーん。前日の練習じゃ一度もミスはなかったのに、コレはいったい、どうしたことやらw

苦笑しつつ、これは最下位かなーと思っていたところ……


●12LAP目
1000
千早(72)が最終コーナーでミスして加速が伸びないところを、直線で並んで、パス。

これで7位。

そして――
1001
1コーナで、律子(85)、どうやら接触してスピン、そしてそれをかわそうとして、ナオ(76)がコースアウト。

その間に抜いて、これで5位に。

多分、律子(85)は延々と魅杏(80)とやりあってたと思うので、さすがに10LAP以上やってきて、
根負けしたのかなw


●13LAP目

前は亜麻音ちん(83)なんだけど、ちょっと離れてるので、基本、後ろのナオ(76)を見ながら走ることに。

1002
またしても高速S時後のヘアピンで並ばれるけど、ここはきっちり抑えて、キープ。

……って感じで、最終結果は5位でした。

■リザルト

 win:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
 2nd:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
 3rd:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
 4th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
 5th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
 6th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
 7th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
 8th:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)

結果的に、あすか(87)がポールtoウィン。2位の魅杏(80)が、律子(85)春香(83)をきっちりブロックしつづけたのが、
大きかったかなーって感じ。

というわけで、アイマスチーム、ちょっとピンチですw


続きはまたそのうちに。

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.16/Sun  15:44:22

引き続き、アイマスvsドリクラ最胸決定戦(ドリマス)Rd.2のダイジェストを、貴音(90)視点で。

第2戦はロードアメリカ。

忘れずに、最高速重視のセッテの呼び出し。カタルーニャのナショナルと違って、タイヤをスポーツから
ストリートに落として、その分、出力関係に振ったアプグレ。

直線で負けなければ、まず抜かれることはないハズ。

■Rd.2ロードアメリカ(7lap)

 グリッドはロビーポイントの逆順で、イカのとおり。

  P.P:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
  2nd:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  3rd:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
  4th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
  5th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  6th:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  7th:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  8th:lさん あすかToyota Celica'94(PI587)

               ※赤字アイマスサイド青字ドリクラサイド

スタート方式は、第1戦と同じく、1コーナー過ぎから全開追い抜き方式。


●1LAP目

もうこのグリッド順を見た瞬間、自分のやるべきことは分かったわけで。

まず、前にいるナオ(76)を抜く。そしてペースコントロールして、律子(85)千早(72)に逃げてもらい、
春香(83)が上がってくるのを待つ。

そう考えつつ、慎重に1コーナー、2コナーナーをまわり、直線区間。
1003
ここでナオ(76)の後ろに追いつくけど、抜くまでには到らない感じので、とりあえずインを窺う素振りだけを
見せておく。

それで突っ込みでミスしてくれれば抜けるかなーと思ってたんだけど――
1004
その前の千早(72)がミスしてアウト側にコースオフ。で、その戻ってくる千早(72)を避けようとして、ナオ(76)
ブレーキを踏まざるを得ない展開に。

1005
もちろん、チャンスなので、すかさずナオ(76)を抜いて、これで3位。

なんですが――

どうも千早(72)の挙動が、コーナーで、いちいち腰砕けのように不安定。

担当DであるSさんは、おそらくこの中では最速の人(タイムトライアルでは基本、2ケタの上位)だと思うん
ですが、あまりマルチ慣れというか、レース慣れはしていないので、その影響かなーと……
1006
とか思っていると、立ち上がりで掘ってしまいそうになって、思わずブレーキ。

そのせいで、後ろにつけていた亜麻音ちん(83)もブレーキに付き合わされるハメになって、ここで一気に、
後方が団子になる。

コレはチャンスか?

亜麻音ちん(83)を真後ろに引き連れたまま、続く回りこむ右コーナー。
1007
前には不安定な千早(72)がいるので、全開でいかずにマージンとりますよ。

……という(笑)で、亜麻音ちん(83)の前を塞いで、速度を落とさせ、春香(83)の手助けをする。

軽く接触はあったみたいだけど、さすがに春香(83)さん、アウト側から亜麻音ちん(83)を抜いて、
上がってきてくれる。

1008
で、その後の直線区間からの飛び込みで、インをあけて譲り、春香(83)を先に行かせる。

これで自分は4位だけど、アイマス勢が上位独占になったワケです。


●2LAP目
1009

さて、1LAP目で、自分の仕事は完了した。後はドリクラ勢を凌ぎきるだけ。

そう思ってたんですが――

千早(72)春香(83)が、なんかガチでやりあっているような雰囲気がw

個人的には、千早(72)は乗れてない感じなので、春香(83)を前に出しちゃってくれーと思ってたんだけど……
1010
攻めあぐねているというか、もがいてる感じの春香(83)に、一気に追いついちゃう。

で、バトルの影響で春香(83)の立ち上がりの加速が伸びないので、前のLAPで譲ったのに、もう一度抜き返すのも
何なんだけど――
1011
後ろにあすか(87)が迫りつつあったので、ここは一度、抜く。

ツイートもしたけど、この辺のことだったのよw

レッドブルのオーナーの気持ちっていうかw

要するにこう、チーム戦だぞ、と。

バトルしてもいいけど、他チームにポジションを奪われるようなマネはするな、とw

1012
ともあれ、幸いにしてあすか(87)がミスってくれたので、安全を確認して、もう一度、同じ場所で春香(83)にゆずる。

これで再び4位。


●3LAP目

1013
後ろでやきもきしてた俺の感覚的にはようやく、春香(83)千早(72)の前に出る。

後ろには亜麻音ちん(83)がきてるけど、まだ距離はあるし、これで一安心。

3LAPもすれば、千早(72)もそろそろ本調子でいけるだろう。

そう思ったんだけど――


●4LAP目

どうも千早(72)、調子が戻らない模様。

ホットラップで参加者のラップタイムはだいたい見れるわけですよ。で、千早(72)担当Dのsさんは
トップタイムを出してるんだよねw

上でも書いたとおり、毎週行われている公式のタイムトライアルでも、上位2桁には絶対に入るほどの
速さなので、俺が前に出ると走りづらいだろう。

そう思ってたんだけど――
1014
回り込む左コーナーで、どうやら、譲る感じになったので、躊躇しつつ、抜くことに。

抜く間際に、ちょっと当てちゃったけど、これで3位。

当てたせいか、後続の亜麻音ちん(83)千早(72)を抜いて、迫ってくる。

1015
最終コーナーでここまで詰め寄られるけど、でも、ここまで。

直線はこっちのほうが速いので。

――で。

後はそのまま、ゴール。3位でした。


■リザルト


  win:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
  2nd:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  3rd:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
  4th:lさん あすかToyota Celica'94(PI587)
  5th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  6th:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  7th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  8th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)

第1戦と違って今度はアイマス勢が上位を占めるカタチに。でも完勝したかったーってのが、本音かなw

ちなみに、おそらくこの時点で、両陣営のポイントは同点かほぼ同点に近かったハズ。

というわけで、次は最終戦のダイジェストでーす。

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.17/Mon  00:02:22

(※スクショは全てクリックでフルサイズで見れます)

引き続き、アイマスvsドリクラ最胸決定戦(ドリマス)Rd.3のダイジェストを、貴音(90)視点で。

コースは、ベンチマークスピードリンクのレイアウトF(リバース)。

一応、最低限のタイムは出せているけど、圧倒的に走りこみが足りていないコースなので……


■Rd.3レイアウト Fリバース(15lap)

 グリッドはRd.2のリザルト逆順で、イカのとおり。

  P.P:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
  2nd:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  3rd:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  4th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  5th:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
  6th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
  7th:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  8th:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)

    ※赤字アイマスサイド青字ドリクラサイド

スタート方式は、第1戦と同じく、1コーナー過ぎから全開追い抜き方式。
1016
隊列を整えるのに整列しなおして、1コーナーへ。

さて、持ちタイム的には、自分はここでは最下位だと思ったので、後ろの二人を前に行かせてしまおう。

っていうのが、作戦。作戦? まぁでもそれ以外にはないw


●1LAP目

そんな感じでスタートしたわけですが、1コーナーでいきなり――
1017
あすか(87)亜麻音ちん(83)に突っ込むアクシデントが!

チャンスか!

……と思ったんだけど、亜麻音ちん(83)はさっとカウンターをあてて、あすか(87)ともども、何事も
無かったように抜けていく。

2コーナー。
1018
春香(83)律子(85)が来てる気配があったので、イン側をあけておく。

並んでいるけど、春香(83)は先に出た感じ。

微妙な位置関係のまま、3コーナーへの切り返しヘ。

イン側に律子(85)がいるのは分かってたけど、まだ余裕あるかなーと思って4コーナーへのアプローチをとったら――
1019
ダメだったw それで接触しちゃって、律子(85)のペースを落としてしまう。

うーん失策。

4コーナーの立ち上がりで、春香(83)がハーフスピン気味になったので、一旦、抜くけど――
1020
最終コーナー手前で、二人ともに先に行かせて、後事を託すw

これで最下位。

以上です。

以上なんだよw でもぶつかるようなミスはしなかったし、パーソナルベストは出したし、悪くは無い。うん。

■リザルト

  win:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  2nd:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  3rd:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  4th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
  5th:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
  6th:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  7th:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
  8th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)

結果だけを見ると、ここは素直に各自の持ちタイム順になった気がしないでもない。千早(72)が持っている
速さを発揮してくれた感じ。


■最終リザルト(暫定)

 17pt:あすか(87)lさん
 17pt:春香(83)mさん
 14pt:亜麻音(83)Fさん
 12pt:千早(72)sさん
 11pt:魅杏(80)Mさん
 11pt:律子(85)kさん
  8pt:貴音(90)自分
  6pt:ナオ(76)aさん

 ドリクラサイド総計:48

 アイマスサイド総計:48

 ということで、なんと第1部屋は引き分けでした。

 ※ただし、ファステトラップに1pt与えられたり、獲得ポイント自体が変わるかもしれないので、
  本当の最終結果は、動画(予定)で。


というわけで――

1021
 
お疲れ様でした。律子はペイント抜けになっちゃってますが、記念撮影して終了です。

まぁハイレベルの人たちに囲まれて走りつつも、自分の企図はそれなりに通せたかなってことで、
ワリと満足です。

次は……

ドリクラゼロとアイマス2が出た後かなーw

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.26/Wed  22:22:22

今大会は3部屋開催だったわけで、そのうちのC部屋の動画がうpされました。

動画作成お疲れ様でした。



一応、リプでも見ていたんだけど、1コーナー抜けてもなんかフル加速っぽくなかったので、
「ああ、この部屋は1LAP目は丸々フォーメーションラップにしたんだー」と思って、実は飛ばしたw

なので、やよい(74)がグリッドで前のほうのポジションにいたとは思ってなかったw

ともあれ、アイマス側は惨敗に近いことに。

自分はA部屋で、既に記事にも書いたとおり、A部屋は総ポイントだと引き分けに終わったんですが、
しかしそれはロビーポイントでの計算上であって、実はこの大会のポイント加算方式だと……

ね。

ファステストのボーナスポイント抜いても、そういう結果になっちゃったりする。

どういう結果になったのかは、きっと動画で分かると思うので、乞うご期待かなw

TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2011.01.29/Sat  02:22:22

C部屋に続き、B部屋の第一戦の動画もうpされました。

動画作成お疲れ様でした。



個人的には、A、B、Cの三部屋中、いちばん面白かったレースかなぁと。

3ワイドの見せ場、そしてオチ(玲香さん(84)がガーターに落ちる)、劇的な決着ってのが、全部入ってるかなとw

アイマスチーム的には、真(75)が孤軍になってしまったのは厳しかったかなぁと。

ま、面白かったんだけど、結果的にはまたもアイマスチームピンチな感じw


TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2011.01.31/Mon  04:22:22

…というタイトルではありますが、ドリクラゼロが発売されましたってことで、
まずはそのハナシから。

■ドリクラゼロのハナシ

konozamaをくらうこともなく、初回特典のコードも自分は無事に入ってたので、早速、ドリクラに入り浸り。

しかし、今回はちと難易度が高め。

ノノノ(初回はクリスマスデートでそのままED)と亜麻音ちん(1回目はクリアまで一周間足り無かった)、
アイリ(クリアできたがなんと期限ギリギリの7月最終週)はハッピーエンドで攻略できたけど、
るいてんてーとあすかはバッドエンド……

黄色の選択肢だけをほいほい選んでると、色々と取りこぼしもあるし、さらに他のホストガールから
情報を提供されないと進展しないイベント(主にキーアイテムの出現に関係する)があったり、
まぁその辺は前作もそうだったといえばそうなんだけど、より複雑になってる気がする。

でもそれよりも正直、ハラがたつのが、バイトの延長。ちょっと発生しすぎ。時間かけて全ての会話の
選択肢を試したり、クリスマスや正月、イベントデーとかは出ようと思っているタイミングでコレが
発生すると、かなり目算が狂う。

イベントに特定タイミングを要求してたり、スケジュールの期限もあるゲームだし、その管理が攻略の
キモにもなるんだから、ランダムでその辺が左右されすぎるのは、正直どうなのよって感じ。

それと凝視することへのリアクションとかも、全然やってくれない。テストプレイきっちりやってない感じ。

ま、概ね期待通りの出来なんだけど、ところどころ、首を傾げるようなところはあるかなー。

もうちょっとキャラ攻略したら、そのうち別に記事を書くことにして。


■アイマスvsドリクラ最胸決定戦(ドリマス)Rd.1(C部屋 愛視点)動画

C部屋の愛(78)視点の動画です。

作成うpおつかれさまです。



まぁ、このレースはほぼ最初で決まっちゃった感じがあるレースだったわけで。

それよりも冒頭のBGMが激しく医龍のサントラっぽいのが笑ったw

つか、メロディラインを反転っつーか、似た感じの曲作ってって作曲する人とかに注文だすと、だいたい
こういう感じのが帰ってくるんだよねっていう曲w
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。