1. 無料アクセス解析
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.07.28/Tue  01:56:01

                 

■第二戦 セブリング

  引き続き、第一戦直後に行われた第二戦ついてです。
  第一戦、所用で遅れていた方が加わって、こちらは7名で行われました。


●第二戦の参戦キャラ車両(PI値)と担当ドライバー
  ・あずさインプレッサ(865)Sさん
  ・律子ポルシェBoxsterS(850)lさん
  ・小鳥Beetle(850)Mさん
  ・春香R34(830)Aさん(自分)
  ・雪歩AUDI S4(800)Kさん
  ・やよ伊織ポルシェ911Turbo997(797)Aさん
  ・千早NSX R(792)Yさん
                      ※やよ伊織車は伊織のサイズに合わせてPI値は797

 ここであずささん担当Dが車両変更。クルマを変えてはいけない、というルールは
 なかったので、特に問題なしなのですが「えっ?」と正直、思いましたw

 第一戦の結果から、どうやら本気で勝ちにきたらしいと判断。そりゃあ、サイズ的には、
 負けは許されないハズ。

 いい感じでピリピリしてきたじゃないのー。

 これはフザけたレギュレーションかもしれないし、自分的には「レーシングオペラ」である、
 と意識して走ったりもしていましたが、やはり担当Dとしては、走っているアイドルのためにも、
 そして自身のプライドのためにも、何の見せ所もなく負けるワケにはいかんのです。全員、
 そういう意味ではガチで走ってるワケですよ。多分。きっと……。

 さて、この第二戦。ランダムグリッドで、通常どおりのスタート。全10LAPのレース。

 ポールポジションが律子、2nd春香、3rd千早、4thあずささん、5th雪歩、6thやよ伊織
  7th小鳥さんの順。

 春香さん的にはフロントロウなだけに、スタートでドーンと行きたいところだったんですが……
 胸囲の差なのか、胸囲の!
 まずスタート後の直線だけで小鳥さんに前にいかれ、それは小鳥さんがオーバースピードで
 コースアウトしている間にかわせたのですが、あずささんに1コーナーでインからいかれて、
 順位を落とす。

 先を考えれば、自重して追走し、隙を窺うべきなのかもしれません。

 しかし。

 このセブリング、直線が多いパワー有利のサーキットです。 
 
 そしてこれはハンデ戦。いける時にいかなければ、離される一方になる公算が大!

 っていうか、春香担当Dだよな、俺?

 という次第で――
 ヴァイっ!
 ヴァイっとあずささん(91)のインに切れ込む!
 
 改心の切れ味!
 
 見事に前に出た!

 どんがらがっしゃーん
 ……かと思ったら、どんがらがっしゃーんしてご覧の有様だよw
 
 はい、オーバースピードですね。

 コースに復帰した時は最下位に転落です。トホホ…

 しかしレースは10LAPの長丁場。

 そしてここはPI値上位が絶対的に有利なサーキット。

 だから、自分よりもPI値が下のクルマなら、絶対に食えるハズだ!
 
 そう思い直し、追撃開始。

 するとすぐに、前方でコースアウトしながら乳繰り合っている雪歩(80)とやよ伊織(77)が、
 視界に入ってくる。

 二人ともバトルに夢中でスピードが落ちている状態。

 それをハイエナのような嗅覚を持つ天才的な勝負勘を持つ春香さんが見逃すハズがない。

 二台抜きですよっ、二台抜きっ!
 裏ストレート手前のS字区間、侵入手前で雪歩を、そして侵入してからやよ伊織を、ののワっと
 一気に屠る。

 
 これでPI値が下なのは、前を走る千早(72)だけ。

 少しずつ、差を詰めて、5LAP目。

 バックストレートでついに千早を捕捉。

 72の蒼い壁 
 最終コーナーのツッコミでちょっと窺う素振りを見せてみるが、スキのないライン

 そのせいで、ちょっと挙動を乱したまま、最終コーナーに。どうにかマシンを押さえ込んで、
 続くホームストレート、直線で抜きたかったが……

 最終コーナーで無理した分、伸びない。伸びないまま、それでも83のパワーで捕えて、
 インに持ち出し、1コーナーの入り口で、ズバっと!
 既に千早さんはブレーキ踏んでますw
 ……オーバースピードでしたw
 (学習しろよ、自分w)

 が、その次の直線で、千早ブレーキングミスしてコースアウト。

 その間に抜いて、4位に浮上。

 これでPI値的には妥当なポジションに戻る。

 あとは前がミスしてくれることを祈りながら追ったが、微かに影が見えるところまでで、終了。

●第二戦結果 
  1位:律子(lさん)
  2位:小鳥(Mさん)
  3位:あずさ(Sさん)
  4位:春香(自分)
  5位:千早(Yさん)
  6位:雪歩(Kさん)
  7位:やよ伊織(Aさん)

 結果は律子のポールトゥウィン。

 あまりにもカオスにならなすぎたレース展開に、次回から逆走ナシルールのときは、
 PI低い順に並んで、ローリングスタートでいくことに決定されたのでした。


 そうそう、 どんがらはね。春香担当Dで走ったら、やらざるを得ないでしょ?w

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。