1. 無料アクセス解析
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.12.07/Mon  00:02:22

第1戦に引き続き、同日に行われた第2戦の愛(78)視点からのダイジェストです。

ルール上、スターティンググリッドは、第1戦と同様、貧乳順なんですが……

おそらくポールポジションの千早(72)が第1戦でぶっちぎるハズで、第2戦も貧乳順なら、
またぶっちぎりで勝ってしまうだろう。

そう予想していた自分は、当日になってでしたが、主催者のmさんに、第1戦のリザルドの
逆順にしたほうが、面白くなるんじゃないか、と進言。

それが受け入れられて、結果、A部屋のみですが、第2戦のリザルト逆順(システム的には
ロビーポイントの少ない順)でスタートすることになりました。

なので、自分は6番手からスタートになるわけです。

自分的にはもちろん、貧乳順のほうが有利なわけですが、見る側にしてみれば、
例えば完全無欠のポールtoウィンはやっぱ退屈でしょ?w

というわけで、第2戦のスターティンググリッドとエントリーは以下の通り。

■第2戦 カタルーニャ エントリー一覧(スターティンググリッド順)
 ・ PP:B85/小鳥無限インテグラ(PI値585)担当D:hさん
 ・2nd:B83/春香ディアブロSV(PI値583)担当D:Eさん 
 ・3rd:B91/あずさフェラーリF430(PI値591)担当D:Bさん
 ・4th:B80/涼バイパーGTS(PI値580)担当D:mさん
 ・5th:B86/響フェラーリ360CS(PI値586)担当D:Mさん
 ・6th:B78/愛ソルスティス(PI値578)担当D:自分
 ・7th:B72/千早NSX-R(PI値572)担当D:Yさん

カタルーニャは、1コーナーまで直線だから、前との車間距離はとりやすいだろう。

384
(6番手から特殊ローリングスタートです)

と思ったら、一定速度じゃないので、追いついたり、離れたり。

慌ててアクセルを踏み込んで加速したタイミングで1コーナーが迫ってきて――

385
(急ブレーキしたんだけど、間に合わずw)

そこで前の響(86)と接触。間違った突撃豆タンクw

スピード自体はお互いに落ちていたし、上手く響(86)が立て直してくれたので、スピンアウトとかはナシ。

自分は安全を確認するのにスピードを落とし、後ろの千早(72)が無事に抜けていったのを確認して――

386
(自重しないとね)

結局、最後尾からのスタート。

でも、第一戦の結果からすれば、這い上がれるだろう。

そう思って、前を追っていくと――

387
(おおっ)

大きく回りこむコーナーに侵入したところで、白煙とともに、イン側であずささん(91)がスピンして横を向いて
いるのが目に入ってくる。

接触があった模様。

それはアウト側にラインをとって、スピードを落とすことなくかわしたが――

388
(おおおっ)

今度は小鳥さん(85)千早(72)がど真ん中で横向いて、コースを塞いでいる。

389
(ABSオンだったら当たってかもしれない)

咄嗟にハードブレーキで、千早(72)の脇をかすめて、どうにかかわす。

出遅れたけど、この時点で、4位まであがる。

前を走るのは、涼ちん(80)

コーナーで徐々に間を詰めていき――
390
最終コーナーで背後に忍び寄る。

問題の直線です。

すぐに涼ちん(80)の真後ろに入って、スリップストリームにつける。
391
ジワジワと近づいていくような、そのままのような距離感w

ですが、220キロ付近から、ジリジリと離されていく。

これが馬力の差。

392
ストレートエンド付近までで、結局、これだけの差がついてしまうワケです。

しかし――

393

涼ちん(80)、ブレーキングでミスしてコースアウト。労せずして3位にあがる。

次の標的は、春香さん(83)

後ろから見てると、コーナーの飛び込みでことごとく、白煙を上げてブレーキングしてますが――

攻めてるのか、それとも安全運転なのか。

ともあれ、ソロソロと近づいていくと――

394
春香さん(83)、コーナの立ち上がりでミス。軽くどんがる

395
(春香さんは師匠ですが、ここは容赦なくいきますw)

その隙を逃さずさして、これで2位。

前を走ってるのは、響(86)ですが、この時点で、ほとんと見えないほど離されてしまっていて、追いつくのは
おそらく無理。

とすれば2位死守したいところなんですが――

396
追いついてきた千早(72)に、最終コーナーでくっつかれて――

397
もう直線の半ばくらいで、簡単にヒネられるw

やっぱりどうしようもないわw

というわけで、3位でゴールでした。

色々と考えると、よくやったよね、うん。

■第2戦 カタルーニャ 結果
 ・win:B86/響フェラーリ360CS(PI値586)担当D:Mさん
 ・2nd:B72/千早NSX-R(PI値572)担当D:Yさん
 ・3rd:B78/愛ソルスティス(PI値578)担当D:自分
 ・4th:B91/あずさフェラーリF430(PI値591)担当D:Bさん
 ・5th:B80/涼バイパーGTS(PI値580)担当D:mさん
 ・6th:B83/春香ディアブロSV(PI値583)担当D:Eさん
 ・7th:B85/小鳥無限インテグラ(PI値585)担当D:hさん

……さて、スペインラウンドが終わったわけですが。
398

2位、3位なんで、目標は達成できたかな、と。

しかし次戦はどうなることやら……
関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

この記事に対するコメント

いつもわかりやすいレース解説ありがとうございます。

カタルーニャはほとんど記憶にありません。
なんか最下位付近をうろうろしていたようなきもしますがwww

しかし、楽しかったし、次回への課題が見つかったいいレースでした。

いや、これだけ主催しててまだ課題だらけの俺ってwww
こちらでは初めまして、アーキィです。
前回のアイマス最胸決定戦の記事からROMってました。

カタルーニャの白煙は後ろを気にしていたら、ブレーキ遅れる→フルブレーキの状態でした。
昔からドッカンブレーキの癖が有ったのでそれかも?

まぁ、アクセルを緩めるタイミングとブレーキの匙加減が安定していないからと自己分析してみるも・・・
難しいですねぇブレーキング・・・
Re: タイトルなし
>みつひろさん
課題が見つからなくなったら、そこで終わりだから(キリッ
いや、でも、見世物的にやっぱ面白くしないととはいつも思ってるし、
色々と考えていかないとねw

カタルーニャは、敢えて自画自賛しますが、リザルト逆順でよかったと思います、うん。
あ、動画は帰ったら見ますよー。

>アーキーさん
はじめまして。そういうことでしたかw すげー白煙あがるとか思ってたんだけど、
でもそれが悪いことなのかどうかってのはまた別のハナシで、きっちり制動できてるのなら、
いいんでわ、と。

でも多分、白煙でちゃうってことは、その間ハンドルは効いてないハズなので……

止まるのと曲がるのをバランスよくやるっていうことなんであれば、やっぱり練習しか。
自分も2の時、ABSオフにするのに、練習しましたが(記事にも書いたかな)、半日くらい、
やってれば、なんとかなりますよ、多分!

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。