1. 無料アクセス解析
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.01.25/Mon  14:22:22

1月23日に行われました。アイマス最胸決定戦の2ndステージ。

第3戦ル・マン(ブガッティサーキット)の模様を、愛(78)視点からのダイジェストで。

■第3戦 ル・マン エントリー一覧(スターティンググリッド順)
 ・PP :B83/春香ランボルギーニディアブロSV(PI値583)担当D:Eさん 
 ・2nd:B80/雪歩ポルシェボクスターS(PI値580)担当D:kさん
 ・3rd:B84/美希プジョー207(PI値584)担当D:Aさん
 ・3rd:B91/あずさフェラーリF430(PI値591)担当D:Bさん
 ・4th:B80/涼バイパーGTS(PI値580)担当D:mさん
 ・5th:B78/愛ニッサンGT-R33(PI値578)担当D:自分
 ・6th:B86/響フェラーリ360CS(PI値586)担当D:Mさん
 ・7th:B72/千早ホンダNSX-R(PI値572)担当D:Yさん

小鳥さん(85)は今回不参加で、急遽、代理として美希(84)が参戦。

車両の変更は、雪歩(80)フェラーリF355ベルリネッタから、DLCのポルシェボクスターSに。
それから愛(78)が、ソルスティスから日産GT-R33に変更で、後はナシ。

前回までの総合獲得ポイント逆順に隊列を整えるために、今回はまるまる1LAPをフォーメーションラップに。
467
わりと車間距離とるの難しいんだよねw

で、今回はスタートフィニッシュライン通過から追い越し可能。

なので、最終コーナーを抜けたら少しでも早く加速して、1コーナー(ってーかダンロップシケイン入り口)
までに少しでも前の車、涼ちん(80)とかにプレッシャーをかけたい。

そう思いつつ、最終コーナーを立ち上がって直線、あとは加速してくだけだろうと思った、次の瞬間――
468
涼ちん(80)ブレーキ。

避けきれずまずは最初の突撃豆タンク

で、スピードが落ちたところを――
469
千早(72)に掘られるw

で、その間に響(86)に抜かれ、これで7位に。

どうもローリングは上手くいかないなぁ(次から一定速度にしない?w)。

出遅れた感で1コーナーに向かうと――

470
涼ちん(80)あずささん(91)が絡みあったまま、サイドウォールへ。

後ろから見てた限りでは、結構不可解な接触?

これで5位。

ダンロップシケイン通過をちょっとしくじってるうちに千早(72)が忍び寄ってくる。

471
で、ブガッティに合流するところの4コーナー入り口でインに入られる。アウトで粘れるかと
思ったけど……

472

ムリ。千早(72)もワリと普通にアプローチラインをとってきて接触、弾かれるw

6位に落ちるが、順位そのままでコースに復帰。前を追う。

すると――
473
橋をくぐった一つ目のS字で、美希(84)がコースアウトしてるところをパス。これで5位。

続けて――
474
その美希(84)と多分絡んだせいで加速の鈍っていた春香(83)を、同じS字の出口でパス。

これで4位。

1LAP目はこれで終了。

2LAP目に突入。
475
前の三台は、トップから雪歩(80)響(86)千早(72)

直線ではやっぱり差が詰まらない。そんなに速いかなー、33。

そんなことを思って進んでいくと、三人ともに4コーナー、5コーナーと仕掛けあって、遅れている間に――
476
6コーナーでここまで追いつく。前は3位に落ちてしまった雪歩(80)

立ち上がりの直線、近づきはしないけど、離れもしない。確実に言えるのはソルスティスなら終わってたってことw

で、一つ目のS字の脱出で――
477
先頭の響(86)体制を崩す。

ここのS字、コーナーのアウト側に向かって傾斜ついているっぽい感じなので、ヘンに滑る気がする。

で、その響(86)の真後ろにつけていた千早(72)、慌てて減速。

二台が出口で詰まったその瞬間を見逃さず――
478
雪歩(80)響(86)を差し、そして愛(78)千早(72)を差す。

4台、固まったまま、9コーナーへ突入。

ここはイン側絶対有利。
479
ってことで、続けて響(86)も差す。

しかし――

480
ここはS字。つづく10コーナーの飛び込みで、イン側にいた響(86)が差し返してくる。

並んだまま抜けたいところだけど、前の雪歩(80)と速度差がある上に、千早(72)がツンツンしてくるw

481
インにもいけず、引くにも引けず、雪歩(80)と接触しちゃうけど、これはご容赦願いたい。

ともあれこの距離で響(86)を追う。

が、直線区間では微妙に離され、コーナーで詰めるといった感じで、このラップでは追いつけず。

483

でも千早(72)にまたケツつつかれる。完全に遊ばれてる感じなんですがw

やっぱ33よりそっちのほうが速くね? 単純にw

484
でも最終コーナーを立ち上がり、再び、ここまで差を詰める。

脱出の差でちょっと響(86)の加速が悪い。コレは追いつけるか?

485
ってことで、追いすがり、ダンロップシケインの突入で、アウト側から仕掛けてみると、インを空けてまでの、
きっちりとしたブロックライン。

なら切り替えしの立ち上がりをAWDパワーで行ってやる!

486
……と思ったんですが、ムリでしたw 体制を崩して、千早(72)と接触。

487
結果、少しだけ千早(72)を後ろに追いやり、5コーナーでまた響(86)を間近にとらえる。

6コーナーのブレーキングで差を詰めて、脱出、インに鼻ッ先を突っ込んでみるも――
488
ピシャリと閉められるw

さすがに硬い。コレ、直線以外で抜けるのか?

というギモンが。

9コーナーから先のセクションで、ほとんど真後ろにつけてスキを窺うが、抜けない。
489
で、最終11コーナーでここまで横に並び、ほとんど差がないまま、直線へ。

490
立ち上がってからもこの差で、ダンロップカーブへ。

この辺はだいぶリプレイ映えしてるハズw

にしても、一瞬、並びかけて、いける、と思っても、せいぜい同じ速度なんだよねw

際立って速いとは思わないんだけどなー。

ともあれ、もうここまで直線で接近できるチャンスは二度とないだろうし、残り2LAPくらいだったので、
絶対にダンロップシケインでケリをつけよう、と覚悟を決める。

で、さっきはアウト側からいったので、今度はイン側から――
491
一気に、ブレーキング遅らせて飛び込み、火花を散らしながら強引に抜く。

ようやく1位!

492
……だったんだけど、続く4コーナーでミスをして、5コーナーで千早(72)に苦もなく差されるw

493
そして直線でどんどん離されるw

というわけで、結果は2位でした。

■第3戦 ル・マン 結果
 ・Win:B72/千早ホンダNSX-R(PI値572)担当D:Yさん
 ・2nd:B78/愛ニッサンGT-R33(PI値578)担当D:自分
 ・3rd:B86/響フェラーリ360CS(PI値586)担当D:Mさん
 ・4th:B80/雪歩ポルシェボクスターS(PI値580)担当D:kさん
 ・5th:B91/あずさフェラーリF430(PI値591)担当D:Bさん
 ・6th:B80/涼バイパーGTS(PI値580)担当D:mさん
 ・7th:B84/美希プジョー207(PI値584)担当D:Aさん
 ・8th:B83/春香ランボルギーニディアブロSV(PI値583)担当D:Eさん 

 
……で、どうなの? 俺ごときが2位になる時点で、33は非常に速いってことなのでしょうか。
練習では43秒台には入ってたし、そりゃあ遅くはないけどもさ。
でも、実際に走ってみて「言うほど速くはないだろ」って思っただろうな……


っていう風に思いつつ、次戦、富士見にGO!だったワケですよ。


関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。