1. 無料アクセス解析
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.08.01/Sat  14:02:22

■第五戦 鈴鹿(前編)


 鈴鹿も、逆走で色々あったので、前後編の二回に分けます。

 ルールは逆走アリの5周。

●第五戦の参戦キャラ車両(PI値)と担当ドライバー
  ・あずさルノー5ターボ(865)Sさん
  ・律子ポルシェケイマン(850)lさん
  ・小鳥インプレッサ(850)Mさん
  ・美希インプレッサ(840)Aさん
  ・春香R34(830)Aさん(自分)
  ・雪歩カウンタック(800)Kさん
  ・やよいFTO(792)k~iさん
  ・千早NSX R(792)Yさん
 
 さて、逆走アリの場合、当然、スタート同時にやることは、逆走を開始するために、
 クルマの向きを反転させること。
 
 今までは、スタートと同時にリバースギアに入れて、そのままバックしながら
 サイドを引いてスピンターンさせてました。
 
 理由は、グリッドの位置がピットウォール側だったり、他のクルマがその場で旋回
 することを考えると、バックして直進したほうが、周りのクルマとぶつからないだろう、
 という判断からでした。
 
 しかし、どうもそれだと、イマイチ遅い。
 
 今回はアウト側の列でスタートなので、イン側と違い、ピットウォールを気にすることなく、
 コース脇のダートまで使える。
 
 なので、バックスピンターンではなく、普通に前にダッシュからサイド引いて
 スピンターンしてみよう。
 
 そう思って、グリーンシグナルと同時に右にハンドルをきってから左にきって旋回しつつサイドを
 引き、ダートにはみ出しながら反転、アクセルをドカンと踏み込むと―― 
 プギャーm9
 スタートダッシュ成功!

 今回は何故かみんなバックスピンターンを試みていたり、その他、ゴタゴタがあったようで、
 それらの間を縫ってぶっちぎり!
 
 やった! これで勝つる!
 
 勝利の予感とともに、独走状態でシケインに。
 
 ブレーキしつつ、ギアを1速まで落として、シケインを華麗にクリア!
 !?
 ……の、ハズだったのに、突然リアがブレイクしてタイヤバリアにどんがらしている春香さん。
 
 
 
 意味が分からない
 
 分からないまま、小鳥さんが通過していき、後続が凄い勢いでシケインに雪崩れ込んでくるのを
 呆然と眺める春香さん。
 
 実は――
 バックギアのランプに注目です 
 シフトダウンしすぎで、ギアがリバースに入っていたのでした(バックギアのランプに注目)。
 
 さすが感情が高ぶると手がつけられないでお馴染みの春香さん。
 
 が、このまま呆然としてるわけにはいかない。

 シケインはみんな団子になって一斉に雪崩れ込んできたせいか、カオス状態
 ドキ! アイドルだらけのシケインブレーキング大会! どんがらもあったよ。
 その混乱が収まらないうちに、ダートから脱出、すぐに追撃開始
 
 ま、始まりはいつもどんがらから、ですよ。
 
 まずはシケインの立ち上がりで、律子(85)と絡んだせいで加速が鈍っていた千早(72)をパス。
 千早さんはデザイン変更です 
 うん。手強そうなだけに、処理できる時に確実に処理しておきたい相手を処理できた。いい感じ。
 
 前をいく雪歩(80)カウンタックを追って、130Rに侵入。
 
 130Rは、逆からだと意外にラインが取りづらいです。

 なんていうか、エイペックスがゾーン気味なコーナーとか、二箇所あるようなコーナーは、
 逆走だと全部難しいです。
 雪歩、やよいをかわす 
 裏ストレートに出ると、目の前で雪歩(80)がやよい(72)をかわす。

 後ろから行く自分は、ここで雪歩のスリップに入ってもいいのですが、敢えて入らず、
 少し右側に外し、ついていくことに。
 
 この距離なら、スプーンのブレーキングで抜けるかもしれないし、今回から初参加のやよいが、
 どういう走り方をするのか、正確に読めない。
 
 だから、何かあった時に備えてのマージン。
 
 ……と、思ったら。
 やよい、そっち本コースやない
 やよい、周囲を注視していて前を見ていなかったのか、それともアウト側のダスティな部分
 (裏ストレートの車庫に通じる道あたり)に乗ってハンドルをとられたのか、本コースから
 外れて行ってしまう

 
 これで3位

 まだ裏ストレートは続くが、雪歩との差は変わらず。

 どうやら最高速はほとんど変わりがないようだ。

 そのまま裏ストレートからスプーンへ。
 
 逆走からのここのブレーキングの目印は、アウト側の縁石。

 きっちり車速を落として飛び込み、イン側をキープしたまま立ち上がり――
 レベルアーップ
 雪歩を抜く。
 
 スプーン出口で、アウト側で踏ん張った雪歩が迫ってくるが、ちょっとオーバースピードで、
 コースアウト
 
 その間に、差を広げ、これで2位
 
 よしっ。

 どうにか見えている小鳥さんのお尻を追いかけ、ヘアピンに侵入。

 思ったよりも早くポジションを取り返せつつあるし――
 
 これは勝てる! ここまでリカバーできれば、きっと勝てる!
 
 勝利の予感とともに、ブレーキしつつ、ギアを2速まで落とし――

 ヘアピンを華麗にクリア! 
 !? 
 ……の、ハズだったのに、突然リアがブレイクして、ダートにどんがらしてく春香さん。
 
 
 
 意味が分からない
 
 分からないまま、通過していく雪歩の後ろに出て、コース復帰。
 
 実は―― 
 バックギアのランプに注目(二回目) 
 シフトダウンしすぎで、ギアがリバースに入っていたのでした(二回目)
 (で、またもバックギアのランプに注目)。
 
 うーん。自分は、ボタンを連射してシフトダウンはしない派なんですが、これは一体、
 どういうことなの?

 でもいいのです。

 鈴鹿で二回、どんがらっておいたので、最終戦の筑波はどんがらナシで行きますよ、ナシで!
 
 ……ということにして、再び雪歩の後ろについたまま、デグナーへ。
 
 デグナー一つ目(順走なら二つ目)は、ブリッジを抜けてすぐくらいからブレーキングしないと、
 まず曲がれません。
 
 雪歩春香ともに、その辺のタイミングからブレーキングして侵入していきますが―― 
 フレッシュグリーンアタック!
 後ろにいた美希が、かなりのスピードで突っ込んできて、春香さんのリアにアタック!
 
 リアが流れるが――
 
 ふおぉぉっ! Xbox360版でセンター譲っても、コース上では
 断じて譲らぬっ!


 女の、戦い 
 という春香さんの心の声に動かされ、素早くカウンターをあててコース上に留まり、
 美希一人コースあふぅさせることに成功。
 
 さすがに正統派アイドルの”ど真ん中”を行く春香さん。

 なぜか3サイズが軒並み自分より+1くらいいい感じという美希だけには負けたくない春香さん。

 こっちは万年リボンなのに覚醒とかある美希だけには負けたくない春香さん。

 これからもがっちりセンターキープでお願いします。
 
 その春香さんの”ど真ん中”オーラーに気圧されたのか、直後のデグナー二つ目――
 !? 
 前を走る雪歩が、まるで弾かれたかのように、フワっと浮き上がり、空気投げでも食らったかのように
 ふっ飛んでいって、謎のコースアウト
 
 すげぇ。奇跡だ! これは神が俺に勝てと言っているに違いない!
 
 或いは春香に、この春香R34に、何か宿りつつあるのかっ!?
 
 
 もちろん、違いますね。

 えーっと。
 
 実はこの後、後続のあずささんも、同じように浮き上がってコースアウトしています。
 どうやら、逆走からインカットしようとすると「壁」があってそうなるらしい。
 でも後で自分がやってみても、ならなかった。ともかく、真実はそいうことで。
 

 ともあれ、これで2位
 
 ダンロップから逆バンクあたりを慎重にクリアして、ホームストレートに戻ってくる。
 
 小鳥、小鳥はどこだーッ!
 
 叫びながらホームストレートを行くと、何故かピットウォール前で停止し、なにやらピヨピヨ
 している小鳥さん
 小鳥さん?
 その脇をすり抜けて、これで1位
 
 小鳥さん、どうやらピット入り口(出口から入るのは禁止)が分からなくなって、
 迷っていたらしいw
 
 春香さん、完全にリカバーして、1位でピットイン。
 
 果たしてこのまま、逃げ切れるのか?
 
 (後編に続く)
 





 ■オマケ 

  逆走LAPでの珍景をいくつか。
  
  まずはやっぱり、コレ。
  
  あの空へ~
   美希(84)に弾かれ、宙を舞うバキュラ千早(72)。まさにリアル蒼い鳥状態
 
 いぇいっ
 そして、ピット入り口を探してピヨピヨしてた小鳥さんへの、やよいハイタッチ
  
 どたぷ~ん?
  おまけで、デグナーで発生していた空気投げのあずささん(91)バージョンも。

  
  えっ? 律子のがない?
  
  律子さんはこういうところに出てきませんw
  
  後編に登場しますw
 
関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。