1. 無料アクセス解析
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.08.02/Sun  17:22:22

■最終戦筑波(後編)



 棚から牡丹餅を期待して、先行するあずささんの後姿を見送った春香さん。

 その目論見どおり、間もなくあずささん(91)は、千早(72)と小鳥さん(85)が
 やりあっているところに追いつく。

 自分の視点からも、接近して団子になっている3台のテールが見える。

 追いかけながら順位表示を見ていると、やがて千早が抜かれ、あずささん
 小鳥さんと乳繰り合いを始めた模様。

 やはり72では厳しいか。

 しかし、バトルをしてるせいで、3台のペースが上がらない。

 果たして牡丹餅は転がり落ちてくるのか

 その時にすかさずぱっくり食える位置に、ジワジワと近づいていく春香さん。

 そして、まずは一個目――
 小鳥さん大健闘でしたが…
 最終コーナーで91に弾き出された小鳥さんを、その間にパス。

 ごちそうさまでした。

 これで3位

 そして次の周回で、二個目の牡丹餅

 度重なる巨乳軍団との死闘で消耗したのか、ペースが上がらない千早を、
 2ヘアの立ち上がりで捕らえて――
 転がってきたよ
 最終コーナー、手前の時点で、ここまで差を詰める。

 千早、やや早めのブレーキ。
 NSXはやっぱりブレーキで奥目までいけるね
 そのせいかほとんど接触スレスレまで接近。しかし躊躇しない。
 
 ピッタリ張り付いたまま、アクセルを踏みこんで直線――
 ほとんどくっついてました
 本当に接触まで紙一重ということろまで接近してから、マシンを右側に持ち出す。
 
 ここまでやれるのは、千早担当DであるYさんを信用しているからだ。
イン側はとったが…
 右に持ち出し、ついに並ぶ。

 そして二台並んだまま、1コーナーへ。

 こっちはイン側をとっているが、前に出ているわけでもない。

蒼い壁キター
 千早、アウト側から、クルマ一台分、本当に一台分しかないスペースをあけつつも、
 タイトで完璧なブロックラインでを作り、スペースを潰してくる。

 アウト側に流れることができない以上、このままの侵入スピードでは接触する。

 だからブレーキをかけてもっとスピードを殺さなければならない。

 が、ここで単に急ブレーキで接触を避ければ、この前を行っているあずささん
 食うことなどできない。

 千早(72)の壁に、屈するわけにはいかない。

 咄嗟にサイドをちょんとひいて、強引にノーズの向きを変える。

 ニュルでは仇になりましたが、TDUでは高速で一般車の間を縫うようにして飛ばすときに、
 よく使うワザ。

 要するにワザと滑らせて、機敏にノーズの向きを変えて、同時にカウンターをあてるって作業。

 自分で滑らせてるから、予測カウンターみたいなもので、制御は難しくない。
滑ってもここいちばんでどんがらしない春香さん
 半分クセになっているようなそのワザで、白煙を上げながら、インをキープ。

 微かに千早のサイドにあたるが、そのまま立ち上がり――
ドン!(イニD的な)
 に屈さず、千早の前にでて、2位

 レース後、Yさんから「あの時は本気でブロックした」というメッセをもらったワケですが(つーか
 いつも本気でやってくださいw)、それだけにうれしかった。Yさんにとっては他愛の無いことでも、
 このオーバーテイクは色んな意味で、今のところ自分にとっては最高。

抜かせないYO
 その後、1ヘアで千早が食い下がってくるが、83のチカラで、抑えこみ、2位を堅守。

 この時点で、残り2LAP。

 本命の牡丹餅は転がり落ちてくるのか
 
 一石二鳥じゃ物足りない♪ ですよ?

 食える位置までには持ってきたし、後は祈るのみ。

 ファイナルラップ。

 必死にあずささんの後を追う。

 しかし、春香さんが2ヘアを回ってた頃――
後続がまるで見えませんw
 あずささん、ぶっちぎりでゴール。

 祈りは、届かず。

●最終戦結果

  1位:あずさ(Sさん)
  2位:春香(自分)
  3位:律子(lさん) 
  4位:千早(Yさん) 
  5位:小鳥(Mさん)
  6位:美希(Aさん)
  7位:やよい(k~iさん)
  8位:雪歩(Kさん)

 残念。

 牡丹餅は棚から転がってこなかった。


◆総合結果(キャラ別)

  優勝あずさ 47P
  2位 :春香  42P
  3位 :千早  41P
  4位 :律子  35P(4/6戦のみ参加)
  5位 :小鳥  25P
  6位 :貴音  18P(2/6戦のみ参加)
  7位 :雪歩  14P(4/6戦のみ参加)
  8位 :美希  12P(3/6戦のみ参加)
  9位 :響    10P(2/6戦のみ参加)
 10位 :伊織   8P(3/6戦のみ参加)
 11位 :やよい  6P(2/6戦のみ参加)
 
                        ※下線が自分が担当したアイドル。

◆総合結果(担当ドライバー別)

  優勝lさん(律子・春香担当D)  49P
  2位 :Sさん(あずさ担当D)     47P
  3位 :自分(春香・貴音担当D)   46P
  4位 :Yさん(千早担当D)      41P
  5位 :mさん(小鳥担当D)      25P
  6位 :Kさん(雪歩・伊織担当D)  19P
  7位 :Aさん(伊織・美希担当D)  15P(4/6戦のみ参加)
  8位 :k~iさん(響担当D)      10P(2/6戦のみ参加)
  9位 :k~iさん(やよい担当D)    6P(2/6戦のみ参加)
 
 というわけで、可も無く、不可も無く、的な?

 「まぁあの子は普通の子だから」でお馴染みの春香さんらしい、的な?

 2戦出場で優勝と2位という結果はお姫ちん貴音サマに相応しい、貫禄的な?

 ドライバーズランキング的には、まぁ担当アイドルに助けられたかな、という感じ的な?

 でも、健闘はしたと思うし、見せ場を作ることもできたと思うので、満足。
 
 ちなみに、MVPは千早です。まぁ当然でしょう。
 72ハンデでこの戦績は驚異的。
 
 で、総括すると――
 
 もうね、ともかく、楽しかったです。ほんとに。
 
 いい意味でのバカなレギュレーションにガチなレース、ハンデ戦だから腕の差があっても
 成り立ち、また、キャラに沿った性能で走ることから、色々なことをイメージできる、まさに
 痛車ならではのレースだと思いました。
 
 それに、これは贔屓目みたいなものかもしれないけど、この走行会が始まった後、走行会の
 企画告知が増え、そしてそれを動画にしたものも、上がるようになった気もして、少なくとも
 プラコレで入った自分の印象から言えば、活性化したように思えました。
 
 自らが楽しみつつ、そういう気運みたいなものに寄与できたのであれば、それはこのゲームの
 1プレーヤーとして非常に幸せなことだとも思ったりしました。
 
 というわけで――

 お疲れ様でした
 
 これでレースリプレイは終わりです。
 
 一週間くらいでガガっと書いたし、自分からの視点になるので、あるいは事実との齟齬が
 あるかもしれませんが、ここまで読んでくれた貴方に「楽しそうにバカなことをやってんなぁ」
 くらいに思ってもらえたのなら、勿怪の幸いです。

 動画で上がってるものをスクショとテキストに起こす必要があるのかって言えば、多分に
 蛇足でしかないのかもしれませんが、要するにそれだけ楽しかったんすよw

 最後に、主催者、並びに参加者、関係者の方々には感謝を。
 
 お疲れ様、そしてありがとうございました。
 
関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。