1. 無料アクセス解析
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.04.22/Thu  22:22:22

というわけで、引き続き第1回むっちーワンメイク第2戦の模様を、自分むっちー視点によるダイジェストで。


※リザルトによるハンデ

 今回は第2戦から、ロビーポイントによる順位に応じて、ハンデを課すようにレギュを設定しとたわけです。
 眼目は「連勝はさせない」「下位のプレーヤーを勝たせる」の二点。

  ハンデの内訳は……

  ・1位  :出力-15%、フロント/リアグリップ-5%
  ・2,3位 :出力-10%、フロントグリップ-5%
  ・4,5,6位:出力-5%
  ・7,8位 :ナシ

                  ……ということになってまーす。

 
 自分は第1戦は4位だったので、出力-5%のみ。獲得ポイントとハンデのバランスを考えると、もっとも
 いいポジションだと言わざるを得ない。

 で、ここで1位か2位はとっておきたいところだったわけですが……


■第2戦セドナ(R)3LAP

スタート。リバースでもオーバル区間なので、スタートからは暫く全開区間。
612
 案の定、ハンデが効いて、ダントツで飛び出したのはハンデなしのむっちー

 自分は三番手で追走。

 オーバルの終わりの飛び込みで、二番手のむっちーが、一番手をさす。自分はその後ろを窺いつつ……
613
 客席下のトンネルを抜けた左コーナーでむっちーをさす。これで二位。

 セドナ逆走名物太陽拳S字コーナーの後のヘアピンで、前をいくむっちーがアウトに大きく流れる。
614
 それをイン側かわ回って、立ち上がりでさして、一位。

 あとはそのまま、ハンデ差をいかして、楽々に逃げる体勢。

 2LAP目に入って、オーバル区間を抜けても、バックミラーに後続が映らないくらいに引き離せる。

 コレは楽勝だな。

 と、思っていたところ……
615
 トリモチグラベルのあるシケインつーかS字のところでコースアウトw

 あんまり走りこんでなかったので、もうちょっと突っ込めるかなぁと思って、試してみたんだけど、全然、
 止まれず。

 コースアウトしてそのままウォールにヒット。

 で、トリモチに絡まれつつコースに戻って、加速しはじめた頃に――
616
 二位を走っていたむっちーに抜かれて、これで二位。

 ファイナルラップ。

 同じハンデグループ(多分)のむっちーなので、簡単には抜けないけど、ジワジワ差を詰めていける。

 そして太陽拳S字の後のヘアピン立ち上がり、バックストレートで、むっちーと並ぶ!
617
 自分はイン側、相手はアウト側。
 
 並んだまま、右、左の高速コーナーに突っ込んでいく。

 右左なので、無難に行けばここは自分がけん制しつつも引いて、相手を左の脱出でもう一度並ぶ。

 ……っていうことを考えないでもないんだけど、こっち少し前っぽいし、なんとなく、並んだまま
 いけるところまで行って見ようぜ☆

 と思ってしまったので、そのままいってみることに。

 結果、接触はありつつ、それでもほぼ並んだまま、グラベルのS字のところへ。

 ここはさすがに並んだままは無理っぽい。

 相手はイン側にいるけど、こっちは先とってるので、引かぬ!

 って感じで、並び気味に侵入。

 一応、イン側に気は使ってたんだけど……
618
 無理でしたw

 接触してカウンターをあてる自分のむっちーと、それにもつれるようになってしまう相手のむっちー
619
 JK同士、そのまま二人でついーっとブレーキングしながら逝っちゃうハメにw

 で、自分はグラベル側でトリモチに捕捉され、またもや大いにコース復帰に手間取る。

 その間……
620
 後続の二台のむっちーに抜かれ、これで4位に転落。

 しかし前がまだ詰まっている。

 あきらめずに後追ったんだけど――
621
 ここで焦りすぎて、前のむっちーに接触。

 この間、先頭に逃げられて、優勝はもはや万事休す。

 さらにうしろのむっちーが追いついてくる。

622
 前方では三台が並んでの優勝争い。その後方での4位争いも、実はサイドバイサイドだったんだぜw

 で、内側一台分のスペースをあけつつ、べったりくっつけて、プレッシャーをかけてたんですが――
623
 接触しちゃって弾かれてしまいましたw

 バカスw

 
 ……というわけで、リザルトは5位でした。


 余計な事をしなければ、多分、勝てたような?

 そういう意味では残念ですが、でもここでレースをしたのは初めてだったし、それなりに競り合いもあったので、
 走ってて楽しかったです。


 で、次はいよいよ最終戦、ル・マン(オールドミュルサンヌ)に続きます。


関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

いやぁ、セドナは面白かったですね
並走してトリモチセクションに来た時、行くべきか、引いとくべきかって時に
ここは行くしかねーべ!って場の雰囲気が楽しかったですw
いや、もうセドナはVC盛り上がりっぱなしでしたよ

しかし、最終コーナー出た時1位でトラブルも無かったのに、ゴールしたらなぜに4位という
展開も面白かったです、勝っておきたいところだったのになぁw
いちばん面白かったですねw
出来れば最後の3人の争いに加わっていたかったw

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。