1. 無料アクセス解析
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.08.01/Sun  05:22:22

Forza2から数えて通算4回目となるアイマス最胸決定戦がついに開幕なわけです。

前回の総合リザルト順に、与えられるPI値ハンデ、部屋割り、スターティングリッドも決定していて、
自分は第一部屋。

というわけで、第一部屋の愛(78)視点によるダイジェストです。

エントリーとスターティングリッド順は、以下のとおり(末尾の+はPI値ハンデ)。

  8th:絵理(82)Dodge Stealth(PI:583)+15
  7th:千早(72)NSX-R(PI572)+15
  6th:亜美真美(74)Golf GTI Mk6(PI:578)+10
  5th:舞(85)ガヤルド(PI:585)+10
  4th:愛(78)デミオ(PI:578)+5
  3rd:律子(85)Tom's MR2(PI585)
  2nd:貴音(90)911 sports classic(PI:590)
  P.P:響(86)M3 E92(PI:586)

今回は逆走スタートが復活なので、つまり絵理(82)+15がポールポジションということに。

自分はFFなので、そっこうでリバースギアに入れれば、簡単にくるんと反転させることができます。

なので、スタートダッシュを狙っていたわけですが――
775
いきなり、母子対決ですよw

愛(78)+5にとって、母であり伝説のアイドルである舞(85)+10は越えなければならない乳…壁。

少々、小突きあいつつも、舞(85)+10との先陣争いは取りあえず制し、千早(72)+15が横を向いてる隣りを抜けて、
1コーナーへ。

どうやら現時点では3位。

逆走なので、とにかくミスらないことを念頭に、慎重に1コーナーにアプローチしていくと――
776
律子(85)にアウトから並ばれる。

飛ばすわーと思いつつ、アウトに膨らまないようにアクセルを加減して前にいかせる。

それでスピードが落ちたところを早くも響(86)に迫られる。

練習走行会のときから、ペースは明らかに向こうが上なのは分かっているので、バックミラーを注視しながら、
律子(85)の後を追っていたわけですが――
777

ん? なんか前方でふっ飛んでるようなのが!?

778
なんと絵理(82)+15です。

ともあれ、コレで動揺www

パニックブレーキのように操作をがちゃがちゃやってしまい、マシンが大きく左右に振れて、結果、
後続の響(86)以下も混乱して――
779
そのあおりを受けて、さらに千早(72)+15も空を飛ぶことにw

なんかサーセンw

ともあれ、これで自分は3位。うしろには舞(85)+10

ペースはむこうのほうが上だけど、逆走中はだいじょうぶだろうと決めてかかって、とにかくミスらないように
進む。

で、後半、長い直線からの高速シケインですが――
780
あれ? また前方で何か飛んだか?

781
トップを快走していた亜美真美(74)+10がやってくれたようですw

セッテにもよるかもしれないけど、FFはこういう縁石つかっての速い切り替えしは、正直、怖いっすw
引っくり返るかもって自分も思いながら走ってるしw

782
ともあれ、亜美真美(74)+10を抜いて、これで3位。

そのまま、スタート/フィニッシュラインを超えて、そしてピットインなわけですが――

783
慎重にスピードを落として、ラインを跨いだの確認してたら、舞(85)+10亜美真美(74)に+10にさされるw
しかし律子(85)は行き過ぎてしまったので――

逆走周は、結果4位で折り返し。

まぁ御の字でしょう。

で、ピットアウトして、ここからは順走。

784
前をいく亜美真美(74)+10を追う一方、あっという間に響(86)に詰め寄られはじめる。

後ろを注視しつつ、カミノRでもっともハードブレーキングするコーナーの突っ込みで――
785
同じFF同士、亜美真美(74)+10と突っ込み勝負!

……だったらかっこよかったんだけど、実際はブレーキをちょっとロックしちゃって、オーバースピードw
しかしイン側にる亜美真美(74)+10も明らかにオーバースピードだったわけで――
786
二人そろって仲良くコースアウトw 律子(85)も吊られた模様。

そしてその三人を尻目に悠々と抜けていく響(86)

これで5位に落ちる。

後ろには律子(85)が迫りつつあったんだけど――

787
ヘアピンからの登り区間で、ジャンプして着地後の左コーナー入り口で大きく姿勢を崩し、その間、
差をつけることに成功。

あのあたりのアウト側に、ヘンなバンプあるんだよねー、ここ。そこにのっちゃうと、危ない。

多分、律子(85)はそれに乗ったんだと思う。

ともあれ、これで安泰。5位のまま、前を追うわけですが――
788
同じFFで、前を行く亜美真美(74)+10に、追いつきそうで追いつけない。

向こうもミスってくれるんだけど、こっちもミスって感じで、同じ距離間のまま。

もっとも、FF乗りとしては向こうはスジガネ入りなので、例えクルマ的に、こっちが素性のいいものに
乗っているとしても、ついていけるだけ上出来だよなぁと。自分的には思ったり。

で、そのまま3LAP目の終盤、おそらく先ほどの律子(85)と同じ箇所で――
789
舞(85)+10がコースオフ。

その横を抜けて、これで4位。

……フフフフ。とりあえず母子対決第1ラウンドは愛(78)+5の勝利なのですw

790
で、無事に逃げ切って、そのままゴール。

結果は4位でした。

■リザルト(多分コレであってるハズ)

  win響(86)M3 E92(PI:586)
  2nd:貴音(90)911 sports classic(PI:590)
  3rd:亜美真美(74)Golf GTI Mk6(PI:578)+10
  4th:愛(78)デミオ(PI:578)+5
  5th:舞(85)ガヤルド(PI:585)+10
  6th:千早(72)NSX-R(PI572)+15
  7th:律子(85)Tom's MR2(PI585)
  8th:絵理(82)Dodge Stealth(PI:583)+15
 
終わってみれば、結局はハンデなしの響(86)貴音(90)のワンツー。

961無双なのか?

……ってことで、続いて行われた第2戦のダイジェストは、また後日。

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

同じFFでも…
序盤の大混乱の原因を作った亜美真美デース。
ホント申し訳ない(泣

最胸2nd開幕戦お疲れ様でした。
やっぱ本番になるとテンションupでブレーキ遅れてどアンダーとか
やらかしちゃうのがFFの宿命ですよねw

で、車的にゴルフはかなり早い部類のはず。素性は間違いなくいい。
はずなんですが…どうも国産FFと比べると乗りにくい。
FFのダメな特性がモロに出ている感じで、遅くはないんだけど…
すごく…乗りにくいです。

セッティングをもっと根本からやり直さないとダメかも。

とりあえず目標は夢のSクラスFF!
Re: 同じFFでも…
さすがに自分はSでFFだと不本意な突撃豆タンクをかます可能性があるので、自重しまするw

FFはやっぱりアクセルワークもあるんだけど、ブレーキの当て方というか加減のほうが難しいっすね。
ブレーキ使って縦横のグリップの割り振りをしてる感じだし、本番だと指そんなに柔らかく動かないから、
かなり危なっかしい運転になってたし、結局はそれなりにミスなく走れたラップですらないかもしれないっすw

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。