1. 無料アクセス解析
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2011.01.16/Sun  04:22:22

1月15日(土曜日)22時から開催されました、アイマスvsドリクラ最胸決定戦

今回はなんと3部屋同時開催となりました。

それぞれキャラかぶりなしで、それぞれの陣営に属する紳士が、思い入れのあるキャラのペイントが
施されたクルマを駆って、12vs12で競い合うのはまさに壮観。

運営、そして各部屋のホスト、それから参加者の皆様、ありがとうございました。

……ってことで。

今回は貴音(90)で参戦の自分は、第1部屋で走ることになりました。

部屋分けは、決勝でも使用される、カタルーニャのナショナルコースのタイムによって行われ、
速い順から1部屋、2部屋、3部屋となるわけです。

そう。つまり第一部屋こそは修羅の部屋。問答無用のガチ部屋なのですw

明らかに場違いな自分w

ですが、貴音(90)視点で、ダイジェスト風に、レースを振り返っていきたいと思います。

というわけで、1部屋の参加メンバーとクルマ、そしてランダムで決められたスターティンググリッドは、
以下の通りでーす。

■Rd.1カタールニャ ナショナル(14LAP)

  PP:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
 2nd:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
 3rd:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
 4th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
 5th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
 6th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
 7th:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
 8th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)

     ※青字ドリクラサイド赤字アイマスサイド

スタートは、第1コーナーまでホールドで、抜けてから全開、追い越し可、という方式。

●1LAP目(スタート前)
989
(スクショは全てクリックでフルサイズで見れまーす)

あすか(87)デロリアン
を先頭に、混乱もなく1コーナーへ。

自分はナオ(76)の後ろ、そして亜麻音ちん(83)の前。ドリクラサイドに挟まれたポジション。

スターティンググリッドはPI逆順だと思っていたので、実はちょっと困惑してたんだけど、それよりも
困惑なのは、亜麻音ちん(83)の前ってこと。

リアルにレースをしている人でもあり、もちろんforzaでも速い人なので、怖いのですw

ともあれ、混乱も何もなく、レーススタート!

よっしゃ、全開で攻めていくぜ!

……と思ったんですが、前のペースがいきなり上がらないので、ちょっとアクセルを踏むに踏めない感じ。

まぁ、スタート直後、差が詰まった状態なら当然そうなるワケで。

ナオ(76)の様子を注意深く伺いなら、ついていくと――

ヘアピンの突っ込み、こっちがブレーキングを開始しても、ナオ(76)はそのまま、突っ込んでいく。

え? 曲がれるのか?

と思っていると――
990
やっぱり突っ込みすぎた模様。

ナオ(76)律子(85)に接触してスピン。

自分はアウト側にあらかじめ振っておいたので、それに巻き込まれることなく、ナオ(76)をかわして、これで4位。

が、亜麻音ちん(83)ナオ(76)をかわして、ぴったりとつけてくるので、油断ならず。


●2lap~


さて、前は律子(85)魅杏(80)のツインテール(?)対決。
991
前日の練習で、魅杏(80)の後ろにつけて、最後までガチで押さえ込まれたので、抜くのは容易じゃないだろうなぁと
思いつつ、後ろにつけてプレッシャーをかけて抜き去るのがスタイルの律子(85)の機動を見守る。

が、例えばブレーキングポイントをズラして立ち上がりのラインを変えたり、ぴったり後ろにつけて煽ったり
されても、魅杏(80)は崩れずw

逆に律子(85)が仕掛けるために、ラインとかポイントをズラすので、その煽りを受けて、うしろにつけている
こっちもレコードラインを外したり、思わぬところでブレーキを踏むことになるので――
992
その都度、亜麻音ちん(83)にインを窺われたり、並びかけられたりすることに。

でも、構わないわけです。

自分の立ち位置ってのは重々、承知してるので、アイマス側のメンバーには、後顧の憂いなく、思う存分、
やっていただき、ドリクラ側のメンバーはきっちり抑える。

それが今回の眼目なのです。

眼目だったんだけど……


●6LAP目

魅杏(80)律子(85)が接近したまま、ヘアピン前の高速S字に突っ込んでいく。

その際、クラッシュまではいかなくても、かなり大きめな接触のSEがして――
993
それで慌てて操作をミスして、高速S字の出口で縁石の処理をあやまってコースアウト。

ま、実際は二台ともなんともなかったワケなんですが、ちょっとラグってたのかなー。

ともあれ、その間、亜麻音ちん(83)春香(83)に抜かれ――

994
ナオ(76)にも、コーナーで粘って、牽制を試みてはみるものの、抜かれてしまい、一気に7位に転落。


●7LAP目~

しかし、次の周回に入ってすぐの直線で――
995
再び、ナオ(76)を抜き返す。これで6位。

ま、直線はこっちのほうが速いからねw

で、前は春香(83)亜麻音ちん(83)

両者ともヒロインであり、同じバストサイズであり、万年リボンでもある、宿敵。

担当してるドライバーも折り紙つきの技量の持ち主なので、この二人のバトルを後ろから眺められるのは、
まさに眼福の極み。

996
春香(83)が一瞬、前に出たり――

997
でも先々までラインを管理してるように、亜麻音ちん(83)が取り返したり――

998
で、たまにはガチで火花散らしながら並んで競り合ったり――

まー、見てて面白かったですw 春香(83)の機動は本当に攻撃的なので、余計にそう思うのかも。


●10LAP目

……とか、二人のバトルを喜んで見ながらも、やっぱり時折、春香(83)と差が詰りすぎて、ブレーキングしたり
しなくちゃいけないので、後ろのナオ(76)も迫ってくるわけです。

それも気を付けていたんですが――
999
またしても高速S時のところで、ミス。

ナオ(76)とそれから千早(72)にも抜かれて、最下位に転落。

うーん。前日の練習じゃ一度もミスはなかったのに、コレはいったい、どうしたことやらw

苦笑しつつ、これは最下位かなーと思っていたところ……


●12LAP目
1000
千早(72)が最終コーナーでミスして加速が伸びないところを、直線で並んで、パス。

これで7位。

そして――
1001
1コーナで、律子(85)、どうやら接触してスピン、そしてそれをかわそうとして、ナオ(76)がコースアウト。

その間に抜いて、これで5位に。

多分、律子(85)は延々と魅杏(80)とやりあってたと思うので、さすがに10LAP以上やってきて、
根負けしたのかなw


●13LAP目

前は亜麻音ちん(83)なんだけど、ちょっと離れてるので、基本、後ろのナオ(76)を見ながら走ることに。

1002
またしても高速S時後のヘアピンで並ばれるけど、ここはきっちり抑えて、キープ。

……って感じで、最終結果は5位でした。

■リザルト

 win:lさん あすかDelorean DMC-12(PI587)
 2nd:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
 3rd:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
 4th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
 5th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
 6th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
 7th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
 8th:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)

結果的に、あすか(87)がポールtoウィン。2位の魅杏(80)が、律子(85)春香(83)をきっちりブロックしつづけたのが、
大きかったかなーって感じ。

というわけで、アイマスチーム、ちょっとピンチですw


続きはまたそのうちに。

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。