1. 無料アクセス解析
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2011.01.16/Sun  15:44:22

引き続き、アイマスvsドリクラ最胸決定戦(ドリマス)Rd.2のダイジェストを、貴音(90)視点で。

第2戦はロードアメリカ。

忘れずに、最高速重視のセッテの呼び出し。カタルーニャのナショナルと違って、タイヤをスポーツから
ストリートに落として、その分、出力関係に振ったアプグレ。

直線で負けなければ、まず抜かれることはないハズ。

■Rd.2ロードアメリカ(7lap)

 グリッドはロビーポイントの逆順で、イカのとおり。

  P.P:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
  2nd:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  3rd:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)
  4th:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
  5th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  6th:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  7th:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  8th:lさん あすかToyota Celica'94(PI587)

               ※赤字アイマスサイド青字ドリクラサイド

スタート方式は、第1戦と同じく、1コーナー過ぎから全開追い抜き方式。


●1LAP目

もうこのグリッド順を見た瞬間、自分のやるべきことは分かったわけで。

まず、前にいるナオ(76)を抜く。そしてペースコントロールして、律子(85)千早(72)に逃げてもらい、
春香(83)が上がってくるのを待つ。

そう考えつつ、慎重に1コーナー、2コナーナーをまわり、直線区間。
1003
ここでナオ(76)の後ろに追いつくけど、抜くまでには到らない感じので、とりあえずインを窺う素振りだけを
見せておく。

それで突っ込みでミスしてくれれば抜けるかなーと思ってたんだけど――
1004
その前の千早(72)がミスしてアウト側にコースオフ。で、その戻ってくる千早(72)を避けようとして、ナオ(76)
ブレーキを踏まざるを得ない展開に。

1005
もちろん、チャンスなので、すかさずナオ(76)を抜いて、これで3位。

なんですが――

どうも千早(72)の挙動が、コーナーで、いちいち腰砕けのように不安定。

担当DであるSさんは、おそらくこの中では最速の人(タイムトライアルでは基本、2ケタの上位)だと思うん
ですが、あまりマルチ慣れというか、レース慣れはしていないので、その影響かなーと……
1006
とか思っていると、立ち上がりで掘ってしまいそうになって、思わずブレーキ。

そのせいで、後ろにつけていた亜麻音ちん(83)もブレーキに付き合わされるハメになって、ここで一気に、
後方が団子になる。

コレはチャンスか?

亜麻音ちん(83)を真後ろに引き連れたまま、続く回りこむ右コーナー。
1007
前には不安定な千早(72)がいるので、全開でいかずにマージンとりますよ。

……という(笑)で、亜麻音ちん(83)の前を塞いで、速度を落とさせ、春香(83)の手助けをする。

軽く接触はあったみたいだけど、さすがに春香(83)さん、アウト側から亜麻音ちん(83)を抜いて、
上がってきてくれる。

1008
で、その後の直線区間からの飛び込みで、インをあけて譲り、春香(83)を先に行かせる。

これで自分は4位だけど、アイマス勢が上位独占になったワケです。


●2LAP目
1009

さて、1LAP目で、自分の仕事は完了した。後はドリクラ勢を凌ぎきるだけ。

そう思ってたんですが――

千早(72)春香(83)が、なんかガチでやりあっているような雰囲気がw

個人的には、千早(72)は乗れてない感じなので、春香(83)を前に出しちゃってくれーと思ってたんだけど……
1010
攻めあぐねているというか、もがいてる感じの春香(83)に、一気に追いついちゃう。

で、バトルの影響で春香(83)の立ち上がりの加速が伸びないので、前のLAPで譲ったのに、もう一度抜き返すのも
何なんだけど――
1011
後ろにあすか(87)が迫りつつあったので、ここは一度、抜く。

ツイートもしたけど、この辺のことだったのよw

レッドブルのオーナーの気持ちっていうかw

要するにこう、チーム戦だぞ、と。

バトルしてもいいけど、他チームにポジションを奪われるようなマネはするな、とw

1012
ともあれ、幸いにしてあすか(87)がミスってくれたので、安全を確認して、もう一度、同じ場所で春香(83)にゆずる。

これで再び4位。


●3LAP目

1013
後ろでやきもきしてた俺の感覚的にはようやく、春香(83)千早(72)の前に出る。

後ろには亜麻音ちん(83)がきてるけど、まだ距離はあるし、これで一安心。

3LAPもすれば、千早(72)もそろそろ本調子でいけるだろう。

そう思ったんだけど――


●4LAP目

どうも千早(72)、調子が戻らない模様。

ホットラップで参加者のラップタイムはだいたい見れるわけですよ。で、千早(72)担当Dのsさんは
トップタイムを出してるんだよねw

上でも書いたとおり、毎週行われている公式のタイムトライアルでも、上位2桁には絶対に入るほどの
速さなので、俺が前に出ると走りづらいだろう。

そう思ってたんだけど――
1014
回り込む左コーナーで、どうやら、譲る感じになったので、躊躇しつつ、抜くことに。

抜く間際に、ちょっと当てちゃったけど、これで3位。

当てたせいか、後続の亜麻音ちん(83)千早(72)を抜いて、迫ってくる。

1015
最終コーナーでここまで詰め寄られるけど、でも、ここまで。

直線はこっちのほうが速いので。

――で。

後はそのまま、ゴール。3位でした。


■リザルト


  win:Kさん 律子Porshe 996GT3(PI585)
  2nd:mさん 春香Porshe 996GT3(PI583)
  3rd:自分  貴音Insignia VXR (PI590)
  4th:lさん あすかToyota Celica'94(PI587)
  5th:Fさん 亜麻音BMW M Cope(PI583)
  6th:Mさん 魅杏Diablo SV(PI580)
  7th:sさん 千早Subaru WRX'04(PI572)
  8th:aさん ナオNissanGT-R R34(PI576)

第1戦と違って今度はアイマス勢が上位を占めるカタチに。でも完勝したかったーってのが、本音かなw

ちなみに、おそらくこの時点で、両陣営のポイントは同点かほぼ同点に近かったハズ。

というわけで、次は最終戦のダイジェストでーす。

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。