1. 無料アクセス解析
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2011.03.23/Wed  12:12:12

 
アイマス2感想 
 

ゴールドメンバーシップが切れてるけど、もちろんアイマス2は発売日から遊んでいたわけで。

なんで、その感想でも書いておこうかと。

ついったーでつぶやくのも今さらだしねw


■初回プレイ

 ●メンバー:貴音(リーダー)・雪歩・真美
 ●結果  :地獄の特訓1回あり。大賞も部門賞もとれず。

  ・まぁ初回だし。最初は貴音でやろうと決めてたので、リーダーは迷わなかったけど、
   残り二人を誰にするかは結構迷った。社長は「えええー」っていう反応だったしさw
  ・で、枕シナリオだのなんだの当初言われてたけど、いわゆるBADエンドだった俺から言わせれば、
   全然そんな風には思えなかった。
  ・ただ。全体的にテキスト(というかダイアログにチョイスする言葉のセンス)の稚拙さが目立つ。
   「その柔肌を~」って、どこの世界の人間が口でそう言うだろうか。ちょっと想像できない。
   しかも大勢の人間の前で。強大な権力者だからそういう感覚もズレてるのか? いやいやw
  ・それと貴音の性格っつーかキャラ性も、ちょっと一貫してない感じ。
   「主体性がないのです」的なことを言ったかと思えば「頑固だよなぁ」とか、ちょっと首を傾げる。
   好きだと言われれば嫁になることを考えてしまうくらいに主体性のない人間が、(余り説明もなく)
   頑固なところもあるっていうのは、相容れない気がするんだけど、どうなんだろう。
  ・そういう意味で、BADだろうがなんだろうが、これはシナリオのデキは期待できないと判断した。
  ・で、ゲーム的には、コミュがもう大幅に減っていて(そもそも大半をオデとかの音ゲー部分に
   費やさざるを得ない)、違うゲームなんだなと思った。
  ・とにかくスケジュールが厳しいので、余裕ないんだよね。慣れてくればあるいは……と思ったけど……


■2回目

 ●メンバー:春香(リーダー)・響・やよい
 ●結果  :部門賞1つ。大賞獲得。

  ・まぁSUNなチームでw
  ・なんだろう、春香さん、印象にないなw
  ・結構ぶんむくれてた気がするだけかなw
  ・ようやくゲームの基本的な流れっつーかが理解できた感じ。
  ・で。
  ・2回目なので、いわゆる各場面で各キャラごとの共用テキストが大半を占めるゲームである、
   ということが分かった。
  ・各場面っていうのはアイドルアカデミー絡み(始めは竜宮小町、そして木星を相手にする)の
   イベントのことなわけだけど……
  ・つまりシナリオの根幹部分がそれで、あとはリーダーのアイドルとの捕捉イベントが4つ程度、
   サブのメンバーとも軽いのが3つ程度あるくらい。
  ・それにプラスしてプロモーションのイベント(といっても全部門と大賞とったりするためには
   全部見てるヒマがない)が12くらい。
  ・少ないですなー。
  ・前作をやってる人間はこれでもまぁ、悪くないけど、2から入った人は「薄いなぁ」と思うであろう
   デキ。
  ・そしてテキストのセンスのなさはやっぱり目立つ。
  ・Pのモノローグ()のやつの文章。つかモノローグになってなくて、ト書きなのw的な。
   しかもハンパに凝ってるような文章が余計に恥ずかしいんだよね。
  ・これは愚痴になるけど、こちとら背景画を3枚でシナリオお願いしますとかさ、そういうことも
   やってきたワケで、これだけ背景画とか好き勝手に注文できるくらいの物量を使えるのに、
   なんでモノローグで説明したりとかすんのかと思う。
  ・フェードして場面変えて、ダイアログでちょこっとやれば、あんな気取ったモノローグっていうか
   ()書きは必要ないだろ。正直イラっとする。

  ◆木星について
  ・これも触れておくか。
  ・初っ端から俺は悪い印象は抱かなかったし、案の定、いい奴らだったよね。
  ・ただ事前に公表しちゃってたんで、ゲーム中に「ジュピターです!」って言われても、
   ようやく出てきたかって感じで、インパクトは全くない。
  ・要するに「憎むべき敵」なんていう感情は全く芽生えず。
  ・実際、ゲーム中でも「本当はいい奴らです」的な描写を勝敗が決する前からでもされてるしね。
  ・「悪役にしたくない」っていう意図が丸見え。全然、事前情報と違うんだが?
  ・なので「製作側が意図していた」敵役としては失格。残念なデキ。
  
  ◆木星じゃなくていいだろ、やっぱり。
  ・さらに言えば、ランキング。
  ・木星は破竹の勢いで1位に登りつめて君臨しつづけるのかと思ったら、1位は魔王エンジェルなんだよねw
  ・なにそれ、みたいなw
  ・魔王エンジェルでいいだろ、それじゃw 俺の麗華サマを出してくれよ!
 
  ◆さらに言えば団結とか思い出とか絆とか。
  ・今回は思い出ボムが3つ使えるようにならないと、かなり厳しい。
  ・で、イベント(選択肢つきのいわゆるコミュ)をこなすことで、ハート型のゲージがたまって、
   それが最大値になると、ボムを一回使えるようになるシステム。
  ・ならば、当然ですよ。大賞がらみのイベントの時とかは、一つヤマを超えたら、ゲージが増えても
   いいよね? テーマ的にもさ。ところが一切増えない。
  ・これはようするに、アイドルたちにとって、大賞がらみの出来事は思い出ボムに変換されるほどの
   出来事ではない、ということになるよね、ゲームシステム的に。
  ・これは、ゲームをデザインするって意味では、致命的な失敗。要するにゲーム内のデータの定義づけが、
   テーマとかかみ合ってないってことだから。
  ・さらにいえば、リーダーとのコミュでは、ゲージが増える。増えるんだけど、これは特別ですよ、
   という定義、もしくは印象をプレーヤーに与えたいなら、思い切ってもっとゲージを増やしてもいいハズ。
   ところがこれも、普通のコミュと同じ上昇幅なんだよねw
  ・こういうところもどうかと思う。浅い作りだと思う。

■3回目

 ●メンバー:千早(リーダー)・春香・美希
 ●結果  :部門賞1つ。大賞獲得。

  ・うーん。
  ・千早のハナシを「より掘り下げてみました」ではなく「調味料たっぷりまぶしてみました」的なデキかな。
  ・でもまぁ好きな人は好きなのかもしれない。俺は正直、調味料が濃すぎて「あーそうですか」感じに
   なっちゃったなぁ。


■4回目

 ●メンバー:美希(リーダー)・真・雪歩
 ●結果  :部門賞全部制覇。大賞獲得。

  ・ようやくトゥルーエンドが見られたのかな。
  ・まぁ美希は美希だったよw
  ・でも、1(箱マス)に較べると……なんかなーって感じ。


で、以下……

 ■5回目:雪歩(リーダー)
 ■6回目:真美(リーダー)
 ■7回目:響(リーダー)
 ■8回目:真(リーダー)

で、それぞれ全部門、大賞受賞でクリア。

真が好きな人には謝っておくけど、いわゆるシステムボイス的な再生が多いので、「ヘヘッ」が、
ウザいほど再生される。これはかなりキツイ。つか多様しすぎ。

現時点ではこんな感じかなー。

それとウザったいのは、お守り。あれ、一回クリアしたら、コンフィグでon/offつけてもいいレベルくらいに
かったるい。


……でも。


やっててつまらなくはないんだよねw

ただ、非常に上記に上げた点が惜しいかなと。

そういう感想を抱いた次第でした。

関連記事
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。