1. 無料アクセス解析
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

ABSはonだったでゲソ

Forza3(2)の主にアイマス痛車関係でゲソ。職人ではないので、ひっそりやってるんじゃなイカ?

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2011.06.24/Fri  02:22:22

 ※Ver3:ギアをレースに変更した際にPI750を超えることについてと、AWDについて、追加してみた。
 ※ver4:エンジン出力系のアプグレについて付則を追加。
 ※ver5:主にAWD関連の調整を追加。
 ※ver6:MR車用の制限・その他を追加。
 ※ver7:駆動方式の微調整とPI値700未満車への救済を追加。

 ※ver8:救済部分を変更。

●プライベーターで参戦する場合


  ◆参加可能車両
   ・「カテゴリー」が「プロダクションカー」。
   ・ノーマルの状態でPI値が700以下。
   ・ノーマルの状態で車重が1150キロ以上であること。
   ・駆動方式は問わない。換装も認める(ただし換装した状態で
    ここに記されている全ての条件に抵触しないこと)。
   ・ただし換装AWDは不可。
   ・プロダクションカーであっても、ストックカーは禁止。
   

  ◆アップグレード規定
  
   以下の手順でアップグレードしていってください。
   (手順は必ず守ってください)
   (また、手順の結果、PI値がR3クラスに達しなくてもそれで完成とします)
   
  ※以下、全ての手順において、PI値750以内で実行すること。

   1:換装RWDにする場合、まずは、換装する。
   
   2:エンジン換装する場合も、換装する。
     ただしレース車両に載っているエンジンへの換装は禁止する。
     (車名が出るのでそれで各自判断。判断できない場合は禁止)

   3:次に、吸気系の換装をする場合も、換装する。
     (遠心式スーパーチャージャーは禁止)
   
   4:タイヤの項目で、レースタイヤを選択する。
   
   5:インチアップ・ホイールは任意。
   
   6:車体/ハンドリングで、ブレーキ、スプリング・ダンパー、
     スタビライザー(前後とも)、ロールゲージを全てレースパーツにする。
   
   7:駆動系の項目はギアをスポーツにする。
    (既にスポーツギアもしくはレースギアの場合はそのまま)

   8:駆動系の項目で、デフを任意のものにする。レースでもスポーツでも、
     ノーマルでも可。
      
   9:エアロパーツをつける場合、この時点で装着する。

  10:駆動系の項目で、クラッチ、駆動系をレースにする。
   
  11:この時点でハンドリング値が6.5に達していない場合で、かつ、
     車重が1300キロ以上の車両は、1200キロに近くなる数値まで「軽量化」を
     ストリート、スポ-ツ、レースのどれかで行う。
     ※1200キロを切ってはいけない。
     ※AWD車の場合は、1400キロまで。
     ※MR車の場合は、1300キロまで。
     ※RR車の場合は、1250キロまで。

  14:この時点でハンドリング値6.6に達していない場合は、タイヤの幅を6.6に
     達するまで、前後任意でアップグレードする。
     ※6.7になってはいけない。
    
  15:エンジン出力系はフライホイールのみレースパーツ。あとはノーマルのまま。
    
  16:この時点でPI値が735以上の場合は、その他のアップグレードは一切禁止。
     「ファイナルギアのチューニング」を参照にチューニングして完了。
   
  17:この時点でスピード値が7.0以下の場合、「軽量化」もしくは「タイヤ幅」に
     余力があれば、ハンドリング値6.8までを上限として、両項目をアップグレード
     してもよい(ただし車重1000キロ以下は不可)。

  19:この時点での車重により、それぞれの駆動方式において、設定されているスピード値、
    PI値内で、エンジン・出力系のみをアップグレードさせる。ただしその際、スピード値が
     全く上がらない(そのパーツを選択しても、数値が緑色にすらならない)パーツは、選択不可
とする。

       ・AWD車:1400キロ以上→PI値740。スピード値8.0
       ・MR車 :1300キロ以上→PI値745。スピード値8.0
       ・その他:1250キロ以上→PI値750。スピード値8.0

     (※アプグレの注意点:要するにスピード値があがらないのを逆手にとって、無制限にアプグレさせる
       手段の回避なので、例えば吸気系のアプグレで、スポーツ、レースが選択できる場合、どちらを
       選んでもスピード値は緑色にはなるが、スポーツ→レースと選んでみて、レースを選んだ時に
       スピードが上がらないのなら、その場合はスポーツで止める。という感じでやってください。実際に
       どこがスピード値の限界なのかは、この場合ならスポーツを購入して装備させてみてから、レースを
       選択すれば確認できるハズなので、キワドイと思ったらやってみてください)
    


   
  20:この時点での車重で、19条件に当てはまらない場合、それぞれの駆動方式において、設定されている
     スピード値、PI値内で、エンジン・出力系のみをアップグレードさせる。ただしその際、スピード値が
     全く上がらない(そのパーツを選択しても、数値が緑色にすらならない)パーツは、選択不可
とする。
     アプグレの注意点は19と同じ。

       ・AWD車:1399キロ以下→PI値725。スピード値7.5
       ・MR車 :1299キロ以下→PI値730。スピード値7.5
       ・その他:1249キロ以下→PI値735。スピード値7.5
   


  21:この時点で、PI値が725未満の場合、各駆動方式によって、以下の条件で
     アップグレードさせる。その際、エンジン出力系についてはスピード値が上
     がらないパーツを選択してもよく、また、軽量化・タイヤ幅を任意で上げてもよい。

       ・AWD車:PI値725。スピード値8.2を上限。
       ・MR車 :PI値730。スピード値8.3を上限。
       ・その他:PI値735。スピード値8.4を上限。


  

22:あとは「ファイナルギアのチューニング」を参照にチューニングして完了。


  ◆ファイナルギアのチューニング
   ・ファイナルギアを調整し、ベンチマーク測定で最高速が280キロ以下になるようにする。
   ・なお、「スポーツギア」で目一杯加速側に設定しても最高速が280キロ以上になってしまう場合は、
    「レースギア」に変更して調整。その場合は「クラッチ」をスポーツに落とす。クラッチがもともと
    レースしかない場合はフライホイールをノーマルに。また、この変更によりPIが750超えるのも
    不可(PI値701制限がかかっている車両はこれで701を超えてもよい)とします。
    

   ※重要:チューニングを少しでも変更した場合、必ず最後にベンチマークで最高速を測定しなおすこと。


  ◆AWD車について
  ・上記と同じ作り方で車両を作成してください。
  ・ただし予選、決勝ともに「AWD」のグループを選択すること。実験的に出力-5%のハンデが科せられます。


……こんなもんかな。

とりあえず、意見を聞いて適宜修正を重ねつつ、木金(23・24日の22時か23時から)にはテスト走行会を
したいと思うので、希望者はついったーで自分あてに。
関連記事
スポンサーサイト
tag: Forza3
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。